姉妹の会話【一日に必要な栄養素を摂る?】うーん

私は、専業主婦になって5年目に突入しました。
紆余曲折を経て(大袈裟な書き方ですが)、目下の最大関心事は、【家族の食生活を預かる】ことについてです。

私も年だけはとっていて、結婚生活も30年以上にもなろうかというキャリア?の持ち主でもあります。
が、ずっと兼業で主婦をしてきて、家事はいつも時間との闘いでしたから、疎かになりがちで、主婦としてはノンキャリアになるのでしょうか。

-----------------------------------------------------------------------
にほんブログ村 シニア日記ブログ 女性シニアへ
にほんブログ村
-----------------------------------------------------------------------

家事の合理化を図り、自分の趣味のための時間を作る、という観点でなら、これもありとは思います。
けれど、私の場合、常に仕事が最優先だったのです。

仕事とは給与をいただいているのですから、最優先して当たり前かもしれません。
自分の時間を対価にしてもらっているのですから。


そんな自分が、専業主婦になりました。
専業主婦になると、私が一番にすることは、家族の健康管理ということです。
家事は何とかして、手抜き(時短ともいいますね)することに焦点を絞ってきた私は、この年になって主婦業に戸惑うことが多くあります。


健康を損なわないようにするには、過労やストレスもあるでしょうが、やはり食生活の充実が一番ではないかと思うのです。
ベテラン主婦の方ならば、今更!という想いになられるかもしれませんね。

インターネットやレシピサイトなどで、【一日に必要な栄養10品目】という項目を目にします。
この10品目を毎日の食事に組み入れることが、今のところのの最大関心事になるのです。

肉・魚、野菜、果物、卵・乳製品、大豆製品、油脂、海藻類、芋類、とありますよね。



これらの中で、海藻や芋類に、私は悩んでいます。

海藻類は、どんな料理に取り入れたらいいのか、お芋さんの場合、スーパーなどで売られている小芋の袋入りを買うと、大体12個くらいはあります。
それは一日に使い切れる量ではなく、今日は煮つけにし、明日はお鍋にいれて、次は何、と迷うのです。
三人家族ですから、一人が一日に1個ずつ食べるとして、3個の小芋だけを煮付ける、何だか難しいのです。
三日間も煮付けばかりになってしまうのも、芸がないし。


また、メニューのレパートリーが少ないのが一番の原因としても、冬場に海藻を摂るのはとても難しいし、わが家は私以外は酢の物が苦手で、ワカメの酢の物や、メカブなども嫌いなようです。

思い余って、女子栄養大学の通信講座を受けようと思って、資料を取り寄せました。
一講座6回で、38.000円くらいで、栄養面からの健康を、通信教育で学ぼうかと思ったのです。

昨日、実家に姉妹が揃いました。
ここぞとばかり、新米専業主婦の私は、ベテラン専業主婦の姉と妹に質問しました。
資料は手元に届いたけど、はて、「ここまでやるほどのものなの?」、と、ふと自分で疑問が湧いてきたからです。

「えっ、本気でそんなこと考えてるん?そんなん、毎日、チェックせんでいいから、大体でええんよ!」
姉は、目をまん丸にして私を見ると、言いました。

妹は、ニヤニヤ笑いながら、「◯◯ちゃんらしいな」
と、呆れたような顔で見ただけでした。

昨日は、それよりも、今後の実家解体についての大切な打ち合わせをしなければならない、わが家の献立どころでもなく。
それっきり話題には上がらなかったのです。

今、ブログを書きながらも、やはり、一日に栄養バランスをうまく献立に組み込むのは、なかなか、難しいなぁと思うのです。




-----------------------------------------------------------------------
いつもご訪問いただき、ありがとうございます!
ブログランキングに参加しています。

文字を↓↓↓クリックしていただくと、うれしいです。よろしくお願い致します。

にほんブログ村 女性シニア

-----------------------------------------------------------------------





スポンサーサイト

夢に見た、夢みたいな話し

今日は、これから実家に帰り、姉妹が揃って、今後の段取りを決めます。
NEW!メッセージボードにいただいたコメントの中で、【写真に残す、動画に録る】、そんなアイデアを頂きまして、ありがとうございました。



先に、姉に話しました。
姉は少々、頭が古くて(;^_^、そんなことを考えもつかなかったようで、感激していました。
で、どうせならと、セミプロの甥に、依頼することにしたのです。

今回もまた、コメントで皆様に、助けていただきました。


昨夜、夢をみました。
ブログで交流いただいている皆様が、夢に出てこられたのです。

なんと、ちゃんとお顔も、見えましたよ!

そうして、実家の集いに参加してくださって、特に、MMさんがお酒のお強いのには、夢の中の私はびっくりしていました。
そのあと、私は夫と一緒に、皆様お一人お一人を、ご自宅までお送りするのです。^^ヾ

そんなにリアルに覚えている夢を見たのは初めてでした。

これが正夢になるのかは、分かりません。
また、ただ夢に終わってしまうかもしれないけど、私は、夫が定年になったら、

皆様、お一人お一人に、目覚めたあと、お逢いできたらなぁって思ったのです。

一人では気恥ずかしくて、そんなことはできませんが、夫が一緒に行ってくれるのなら、勇気百倍になると思ったのでしょうね。


それでも、この記事を書きながら、私は幸せに包まれています。
バーチャルとはいえ、心とココロの通うお付き合いに、「ありがとう!!」、を百篇くらい叫びたいです。





-----------------------------------------------------------------------
いつもご訪問いただき、ありがとうございます!
ブログランキングに参加しています。

文字を↓↓↓クリックしていただくと、うれしいです。よろしくお願い致します。

にほんブログ村 女性シニア

-----------------------------------------------------------------------

膝に関することで、スニーカーなどのアイディアをいただきました。
実は、昨日の日曜日は、近くの山を歩きました。
トレッキングシューズではなく、ウォーキングシューズでした。
歩き慣れた路、コースだったこともあり、
往復で、だいたい5キロを苦もなく、膝も股関節も痛むことなく、
愉しく歩くことに、専念できました!!

スニーカーだと、まだまだ歩けるんだ!と、本当に嬉しかったです。
パンプスは、食事に行くときなどに履くようにしようかと、思いました。^ ^

ありがとうございました。




娘の足手まといになりたくない、でも寂しくなって

昨日の土曜日、娘が梅田(大阪北部の大都市)に出かけた。
前夜から、明日は出かけるからと言った娘に、「久しぶりに外出はリフレッシュできるね!」と私は、母親らしく答えた。

本音は、一緒に行きたかった。

急ぎ足で出て行く、娘の後姿を見送りながら、私は、複雑な気持ちでいた。

嬉しさと寂しさ。
その両方の思いが交錯する。

家を出てから、梅田着までは凡そ、2時間はかかる。
電車に慣れていない私は、一人で梅田まで行くとなると、前夜から緊張してしまい、眠れなくなる。
けれど、娘は何度も一人、あるいは友人と、もちろん私とも出かけているから、すっかり慣れたものだ。

嬉しさとは、その頼もしい娘に想うこと。

でも、私の心には最近、ずっとこのような、いわば、置いてけぼり状態に感じる寂しさが募る。
情けない母だと思う。

年齢もあるだろうけど、私は長時間歩くと、手術をした足の太ももや股関節が痛むときがある。
お洒落をしようとパンプスなどを履いて出かけると、連続して歩くのは2時間が限界ときてる。

かといって、スニーカーではどうなの、そう言われると、実はさほど大差はないかもしれない。
パンプスを履いたときとは、別な部分が痛む、ということがあるから。


これでも、全身のストレッチを欠かさず、ラジオ体操、夜のウォーキングも悪天候じゃない限りは、2キロメートルは歩く。
スクワットも足上げ体操も、毎日、欠かさない。

それでも、足は無理が効かない。

だから、娘が、「一緒に行く?」と気を使ってくれる前に、機先を制し、「残念やわ!お母さん、その日は用事があるから一緒に行かれんわ」

と、言うようにする。

颯爽と歩く娘に対し、のろのろまではないけど、疲れてくると足が重くなってくる母、私とでは差がありすぎるから。
手術に関係なく、これも誰もが通る道、老いる母と若さ溢れる娘との、ジェネレーションギャップなのだろうか。




-----------------------------------------------------------------------
いつもご訪問いただき、ありがとうございます!
ブログランキングに参加しています。

文字を↓↓↓クリックしていただくと、うれしいです。よろしくお願い致します。

にほんブログ村 女性シニア

-----------------------------------------------------------------------