ゆりかごの歌

小さなお話に画を添えて、心がほっこりするようなブログを書いてみたい。
MENU

弱り目に祟り目

どうやら私も、花粉症の仲間入りをしたようです(たぶん)。
車を運転していると、目がしょぼしょぼはいいとして、かゆくて痒くてたまらなくなります。
ドライアイではないかと、自己診断し、目薬をさしていました。

ところが、一向によくならず、痒みがでてきて、あぁこれは花粉症かと、また自己診断ですが。(;^_^

里の家には、今、メギの花が咲いています。
メギは枝もよく伸び、花をつけ、赤い果実を成らせ秋には草紅葉のように、燃えるような鮮やかな暗赤色になります。
紅要とともに、生け垣によく利用されています。

megi500-2.jpg


目木(メギ) の名の由来は、その茎を煎じて洗眼薬に利用されていたことから付けられた、と言われています。
花言葉「貴方の助けになる」は、枝茎を煎じた液が結膜炎などの目の病気に効くことや果実酒に滋養強壮の効果があることからきているのでしょうか。

megi500.jpg



大昔から、里の暮らしにはいろんな智慧があって、それは植物との関りなくしては成しえなかったのですよね。

それにしても、チゴユリやこのメギ、その他の山野草の仲間には、俯き加減の花々が多いのはどうして。
控えめな山野草は、また居場所もひっそりとしたところですし。

これから初夏を迎えるまで、里にはいろんな山野草が咲いてくれます。
追々、載せていきたいなぁと思います。





にほんブログ村 50代主婦
-----------------------------------------------------------------------------------------
いつもご訪問いただき、ありがとうございます!


今、整形外科で首体操というのか、
リハビリのような訓練を受けているのです。
そこで、一日の時間割を問診票に記入しました。

改めてびっくりです。
パソコン以外にも、私はデスクに座る時間が、
一日でなんと7時間強!

一つの仕事に煮詰まると、
多分、3時間くらいはデスクから動かなということも、
数字に表したことで分かったのです。

そりゃ、首も肩も、腕も悲鳴をあげますよね。

デスクワークは、30分で一旦、その場を離れることだと、云われました。
30分なんて、すぐに経ってしまいます。

難しいものですね。
-----------------------------------------------------------------------------------------------





スポンサーサイト

ストレートネックは悪化させると、『 脳梗塞の引き金になることがある 』 らしいです

<ストレートネックを予防したい!>

昨日は病院で、医師から怖いことを告げられました。
ストレートネックを悪化させると、頸動脈の血流が途絶えてしまい、
脳梗塞を発症する引き金になる。と。


<4月26日加筆>

おはようございます。
今朝は痛みもまったくなくて、何も不調を感じない朝が有難いなあ、と思っています。

【ストレートネック】という聞きなれない言葉を医師から告げられたのは、、
もう15年くらい前になります。

その頃は、仕事で多忙を極め、自分の身体を振り返る余裕などなかった。
そんなツケが回ってきたのだと思います。

考えたら、机にかじりつき、俯いてやる作業をして、30年以上も過ぎたのです。
首は、その間、ずっと私の頭を支えてくれていたのですよね……。


仕事を調整し、家事の合間にブログも出来るような、日々を作り上げたいと考えています。

その間、更新や訪問は、ゆっくりのんびりと、または休んだり、そんなふうにさせていただきたく思います。

ブログお休み中も、本当にありがとうございます!!

にほんブログ村 50代主婦

















憧れの、風にそよいでいたレースのカーテン

週末は、いかがお過ごしでしたか。
日曜日は、初夏のような気候で、春はやっぱり朝夕の気温が違いますね。

私は、リフォームのための、いろんな打ち合わせで、忙しくしていました。

-----------------------------------------------------------------------

家に対する私の憧れがあります。
それは、窓辺に揺れる軽やかで涼やかな白いカーテンがある家なのです。


私が生まれ育った昭和の年代は、ふるさとの家々は窓にカーテンを下げるところは少なく、襖や障子で仕切られた、田の字型のしころづくりで、そんな家は個室などもないに等しかったのです。


カーテンとえば、縁側にある黄色っぽい木綿の長いカーテンしかなかったのでした。

周囲の家々もまた、そんなふうなところが多かったと思います。


稀に縁側の掃き出しにシーツのような布を下げている家もあったけど、それらはカーテンではなく、単に布。


初めて窓辺に揺れるレースのカーテンを見たのは、トッコちゃんの家の窓辺でした。

cartenflower.jpg


トッコちゃんは、姉の友だちで、どこか知らない都会から引っ越してきた一家。
その家は、私たちのような古い家屋ではなく、とてもハイカラで、そう、洋館のようだったのです


町には、他にも洋館がありましたが、そこはお城の殿様の氏素性の家々が立ち並ぶ、屋敷街にありました。

トッコちゃんの洋館は、そうではなく町家の近所、八幡様裏の雑木林の隣に建っているのです。

カイヅカイブキや、ウバメガシの生け垣が多い家々にあって、トッコちゃんの家の庭には、周囲を白い柵で囲まれていて、それは、少女漫画の世界そのものだったのです。
植栽も、松、柘植、楠、椛などではなく観たこともないような樹木が植えられている。

トッコちゃんには自分だけの個室があって、ピアノも付近の家のように応接間でなく、その部屋に置かれていました。

ピアノを背にして、東側に張り出し窓、朝日が燦燦と降り注ぐ様を空想しては、うっとりとため息をつき、夢を見ていた幼い私でした。

リフォームしたあとの、居間のカーテンを選びながら、ふと、遠い記憶が蘇ってきたのです。
そして、町の家の窓辺も、せめてキッチンだけでも、あのころの、トッコちゃんの家の窓辺にしたいなぁと思ったのです。






-----------------------------------------------------------------------
いつもご訪問いただき、ありがとうございます!
にほんブログ村 50代主婦
-----------------------------------------------------------------------