Index

521: ぎっくり腰で動けない私の一日を、定点カメラのように

夏バテと睡眠不足からか、昨日から今朝まで

  •  -
  •  -

519: 心淋しいとき、私も、アリエッティたちのように暮らしたい

今年も、夏のジブリ映画( 正確にはジブリで

  •  -
  •  -

517: 人の命の儚さに、あまりにショックで

人間だけではなく、命あるものはいずれ、そ

  •  -
  •  -

487: 甘い砂糖を絶ってみて、体重は4キロ近く落ちたけど

私はずいぶんと長い間、低血糖症状に悩まさ

  •  -
  •  -

516: 【 海の日 】の大海原で娘と二人、想うこと

海が近い町で生まれ育った私は、ずっと山に

  •  -
  •  -

515: 実家の解体が終わった、けれど心に残る想い

実家がついに取り壊された。跡形もなくなっ

  •  -
  •  -

514: 八月の小中合同同窓会で、誰よりも会いたい人

間もなく、来月には小中の合同同窓会が開か

  •  -
  •  -

510: 工事関係者、すべての方々に感謝します

今回の耐震リフォーム工事では、私は殆ど家

  •  -
  •  -

513: 仮住まいを早くに出た、もう一つの理由

慌て者の私は、よく怪我をする。あまり声高

  •  -
  •  -

512: いろいろと押し寄せてくる、微妙なお年頃

筋肉痛と夏バテという大義名分で、昨日は、

  •  -
  •  -

511: あぁ、情けない

耐震リフォーム工事は、二階の一部を残すだ

  •  -
  •  -

507: こころ若やいで生きていくために、すること

娘や夫から冗談めかして、『世捨て人』と、

  •  -
  •  -

508: 床の間をクローゼットに改造する

今の住まいには、収納スペースがあまりない

  •  -
  •  -

509: ご訪問をありがとうございます!

連日、暑さ記録を更新し、今年もまた、湿度

  •  -
  •  -

506: 有り難い娘の心配り、分かっているけど寂しい

娘が最近、必要以上に、私の心配をする。「

  •  -
  •  -

505: 真っ赤な、唐辛子トースト

暑い中を用事で出掛けたついでに、せっかく

  •  -
  •  -

503: 好きなモノに囲まれる幸せ

仮住まいの極小キッチンの使いづらさを嘆く

  •  -
  •  -

504: 七夕の日に寄せて

最近、恒例になっている、海老蔵さんのブロ

  •  -
  •  -

502: キャンプファイヤーの夜の、密かな出来事

今年8月、人生初の経験をする。と、大袈裟

  •  -
  •  -

501: 母の愛に、抱きしめられた日

母が死んだ日も、朝から暑く、病室の窓は閉

  •  -
  •  -

500: 「 ただいま!」 帰ってきました!♪

住いの改修工事の工期前にして、家に戻るこ

  •  -
  •  -

484: 私が髪を切れない理由

『 ◯◯さん、髪の毛が長いから大変ですね!

  •  -
  •  -

499: 海老蔵さんご自身のためにも、良かった

歌舞伎役者の市川海老蔵さんが、最愛の奥様

  •  -
  •  -

498: 娘の無邪気な言葉に、胸うたれ

今年 (2017年) 27歳になった娘が小さなころ

  •  -
  •  -

497: 押入れの奥の、不思議な世界

いよいよ、母屋の解体が始まった。こんなと

  •  -
  •  -

496: 「 痛みは、自分で治すんですよ 」という老医師

首の痛みは引いたと思えばまた寄せる、波の

  •  -
  •  -

495: 別れのつらさ

悲しい報道が、テレビでもインターネットで

  •  -
  •  -

494: 癌の痛みに比べたら

昨日、一昨日は、治っていた首の痛みがまた

  •  -
  •  -

493: 夏が大好きだった小さなころ

振り返ってみれば、自分が育った背景もある

  •  -
  •  -

492: 世界一、予約のとれない【 アリス・ウォータース 】さんのレストラン

【 アリスのおいしい革命 】アメリカで最も

  •  -
  •  -

481: 【 大阪もいいなぁ! 】と、思うこと

大阪もまんざら捨てたものじゃないなぁと思

  •  -
  •  -

491: 街中の哀しい出来事、ある子猫の死

早朝の山道を歩いていると、悲しいことに田

  •  -
  •  -

490: 娘からの贈り物は、【 坂井より子さんの本 】

先週の日曜日は、父の日でしたが、ついでと

  •  -
  •  -

466: 【 苦しまず、ぽっくり 】、と逝きたい、それもケースバイケース

昨日は、町内会の集まりがあったので、久し

  •  -
  •  -

489: ご訪問をありがとうございます!

いつも、ご訪問いただき、コメントや応援ク

  •  -
  •  -

486: 父と飲んだ、初めてのお酒

子どものころ、普段は無口な父が、お酒を飲

  •  -
  •  -

483: 健康を取るか、「 うん美味しい! 」を取るか、それが問題

【 負うた子に教えられて浅瀬を渡る 】では

  •  -
  •  -

477: 夢の中で、懐かしさに涙ぐんでしまいました

目が覚めると、部屋の中はまだ暗くて、早く

  •  -
  •  -

480: 家の一つの歴史が消える、寂しさ

里の土蔵の解体が、無事、終わりました。そ

  •  -
  •  -

478: 仮住まい初の友だちになってくれた、シーズーのココちゃん!

シーズーのココちゃんは、仮住まいで初めて

  •  -
  •  -

482: おばちゃんのお節介が、平和を守り【 地球を救う 】 ような気がします

大阪のバラエティー番組などでは、アニマル

  •  -
  •  -

479: 都会の中の、野趣あふれる素敵な散歩道

仮住まいから少し歩くと、大阪の某川に出ま

  •  -
  •  -

476: 期間限定の幸福感ですが、幸せに包まれています!笑)

ワンルームの仮住まい生活も、どうやらこう

  •  -
  •  -

475: 狭いながらも、愉しいわが家

仮住まいの新居に住んで、一週間が無事に過

  •  -
  •  -

474: 矛盾しているけれど、人間関係が苦手でも、 【 人間が好き 】

細々とながら、ゆりかごの歌も、一年が過ぎ

  •  -
  •  -

473: パニックに襲われた、入浴中の地震

里の家の解体や実家の問題もある忙しいとき

  •  -
  •  -

472: 家具家電付きマンション暮らし、三日目の朝に思うこと

仮住まいも三日が過ぎ、それなりに落ち着き

  •  -
  •  -

468: 知らない街を歩いてみたい、軽いホームシック状態の私

【鉄道ひとり旅~線路は続くよどこまでも~

  •  -
  •  -

470: 賃貸マンションでの借り暮らし

月曜日から、家のリフォーム工事が開始され

  •  -
  •  -

471: ねえ、もういい加減に、心にナイフを突き刺さないで

昔も今も、人の心にそんなに変わりはない、

  •  -
  •  -

463: 仕事を完全に辞めて、” ノーメイクが平気 ” に、 なりつつある

在宅で細々と続けていた仕事を完全に辞めて

  •  -
  •  -

469: 甘酸っぱい気分に浸りたいとき、【 この歌声を 】

一人で車を走らせていたとき、FMから流れて

  •  -
  •  -

467: 『 まだ○○、と、もう○○ 』、ホームセンターで思ったこと

忙中閑あり、久しぶりに、日ごろできない家

  •  -
  •  -

465: 【 娘にハグを 】した私、我ながら変わったのか

最近、私の中で何かが変わってきているよう

  •  -
  •  -

464: 久しぶりに、目が回るような毎日を送っています、【ですが!】

先々週初めから、これまでのダラダラとした

  •  -
  •  -

462: ちょっと嬉しかった、小さな出来事

先週の日曜日のことです。実家の近くの大型

  •  -
  •  -

461: 今も胸が痛む、過ぎ去った日々のこと

一昨日は、【 お金があってもどうにもなら

  •  -
  •  -

460: あの家中に風が吹き抜ける、夏の家ももう見られない

子どものころは、夏になると、家中の障子を

  •  -
  •  -

449: こころ踊る本が、手元あれば

世界中にファンタジーを広めた「指輪物語」

  •  -
  •  -

457: ただ、そこに居てくれるだけでいい、そんな存在

随分前になるけれど、NHKの朝ドラで、【梅

  •  -
  •  -

459: あるホームレスの詩

もう二十年になるでしょうか、ホームレス詩

  •  -
  •  -

458: 夕食を作ってくれる夫に感謝

別段、工業系の学校を出たわけでもないのに

  •  -
  •  -

455: 一人登山をしてみて、見えた自分の心

しばらく、実家の離れに、姉妹が交代で寝泊

  •  -
  •  -

454: つくづく、こんな自分が情けない

今年、夏に小中の合同同窓会がある。一度も

  •  -
  •  -

451: 意思の芽生え

実家の解体前に、神主さんにきていただき、

  •  -
  •  -

452: いつも、ありがとうございます!

※ただいま、掲示板を停止しています。サー

  •  -
  •  -

453: 昨日の雑柑は、ひょう柑と言います

黄色くて卵のような見た目の柑橘は、弓削瓢

  •  -
  •  -

450: 甘くておいしいのに、雑柑

こんにちは、いつもありがとうございます。

  •  -
  •  -

447: 女の厄年

最近、【 男は八の倍数、女は七の倍数に注

  •  -
  •  -

446: 不倫は文化ではない、けれど涙涙のドラマだった

大阪の読売テレビの開局55周年記念ドラマ、

  •  -
  •  -

444: 電車内でお化粧をする女性

普段は、車が私の交通手段なので、滅多に電

  •  -
  •  -

445: 生きている歓び

久しぶりに里の家にもどってきた。里の家の

  •  -
  •  -

442: 簡単だと思っていた肉じゃが、料理のコツは塩梅なんですね

今日、本当に驚いたことがあった。これを書

  •  -
  •  -

441: 遅々として進まない、『 被災地の瓦礫処理 』 に思うこと

私が住む地域は、週に2回、月曜日と木曜日

  •  -
  •  -

438: 悲しいやら嬉しいやら、ゆるゆるのジーンズ

昨年暮れから今朝までで、一応は嬉しいこと

  •  -
  •  -

439: そんなてんごゆわんと、みんな仲ようしましょ

大阪出身の女流作家、田辺聖子さんは、『大

  •  -
  •  -

435: 慣れてしまう怖さ、はありますが便利はやっぱりいいですね!

始めてデジカメを持ったのは、もう20年以上

  •  -
  •  -

437: 幼い日の自分に出会える絵本

昨日は久しぶりに図書館に行ってきました。

  •  -
  •  -

436: カミングアウトしてよかった

私は、どちらかというと、遅くに子どもを授

  •  -
  •  -

402: 【 ヨチヨチ歩きの幼児に】コカコーラゼロはあげないで

つい先日、蜂蜜を食べた赤ん坊が死んでしま

  •  -
  •  -

434: 青い眼のヒッチハイカー

連休の間はどこにも行けずにいるから、せめ

  •  -
  •  -

430: 母の形見の洋裁鋏、の続き

そして、その日以来、私たちのままごと社会

  •  -
  •  -

429: 母の形見の洋裁鋏

今年のGWはどこへも出かけないで、家の片付

  •  -
  •  -

423: おばちゃん、お誕生日おめでとう!!

亡くなった義父の、従妹にあたる大叔母が九

  •  -
  •  -

427: ペギー葉山さんに捧げます

歌手のペギー・葉山さんがお亡くなりになら

  •  -
  •  -

411: ベランダのある家で暮らしたかった

里の住まいから、この町家に住むことに決め

  •  -
  •  -

426: 決めました、やっぱり健康が一番ですから

首を酷使しないように、日常生活で気をつけ

  •  -
  •  -

425: お鍋の数は少なかったけれど、母は幸せそうだった

GW明けに始まるリフォームに向けて、少しず

  •  -
  •  -

398: 弱り目に祟り目

どうやら私も、花粉症の仲間入りをしたよう

  •  -
  •  -

424: ストレートネックは悪化させると、『 脳梗塞の引き金になることがある 』 らしいです

昨日は病院で、医師から怖いことを告げられ

  •  -
  •  -

420: 憧れの、風にそよいでいたレースのカーテン

週末は、いかがお過ごしでしたか。日曜日は

  •  -
  •  -

415: 気候とともにうずく、気圧痛

春は、朝夕の気温差があり、冬場より意外に

  •  -
  •  -

408: 美しい猫に、既視感(デジャブ)を覚えたのです

仕事の打ち合わせに向かう途中、信号待ちで

  •  -
  •  -

421: 真夜中の鏡に、母がいる

最近、寝付いて二時間くらいすると目が覚め

  •  12
  •  -

417: わが家の万能薬

薬嫌いと何度も、ブログには載せていますか

  •  2
  •  -

419: 『小さなお話に画を添えて』、というカテゴリーを追加しました

別にわざわざ告知するほどのことでもないの

  •  -
  •  -

418: 野菜嫌いだった私だけど

昔の野菜は、水でよく洗っても、茹でると必

  •  10
  •  -

414: あの懐かしい紅玉リンゴは、どこに行ったのでしょうか

紅玉というリンゴが、ありました。昔は、果

  •  12
  •  -

407: ほそびや(路地)奥の、お屋敷の桜

子どものころから、桜が大好きだった。春休

  •  -
  •  -

401: 呼吸って、吸うより吐くほうが大切なんですね

18歳になったばかりだった。学校の近くに下

  •  -
  •  -

410: プロポーズの言葉、覚えてますか

女優の、水野美紀さんが、バラエティ番組に

  •  4
  •  -

413: 58歳になった、古きアメリカの友とのお喋り

【今日は、長文の記事になります。ごめんな

  •  8
  •  -

409: 山からの春の恵み、【 山菜を食べよう!】

春の日差しを浴びて、一斉に里には山菜が芽

  •  18
  •  -

405: 大好きな山へ、車で行けなくなると言われて

もう五年前になるけれど、私は自宅で膝の半

  •  6
  •  -

404: ブルーライトの灯りは、眩しすぎて

このところ、何かと忙しく、つい徹夜気味に

  •  6
  •  -

391: 食品表示の、【 100&国産 】と【 国産 】

わが家は普段の朝食は、和食一辺倒です。炊

  •  -
  •  -

385: 奄美の甘蔗(かんしょ)は、甘くジューシーだった

タモリが進行役をする『ブラたもり』と言う

  •  -
  •  -

400: 私がお酒を飲めなくなったワケ

タイトルにこう書くと、さも私は酒豪、みた

  •  6
  •  -

399: どんな人だって、この世に生まれてきた意味はある

私がまだ小学校の低学年だった頃のこと、近

  •  6
  •  -

396: お昼からビールを飲んで、テンションが上がりました!(;^_^

日曜日は、ポカポカと暖かな陽気で、このと

  •  -
  •  -

397: 結婚30周年♪真珠婚式を迎えます

「僕の人生って、ドラマやな」お酒を飲んで

  •  12
  •  -

395: ブロッコリーを保存する方法、どうされてますか?

二・三日前に、里の家の最終処分を検討する

  •  4
  •  -

393: ジョニーケーキのレシピを書きますね!

あまりに簡単なジョニーケーキ(パン)です

  •  -
  •  -

392: 無くしてしまった、魔法の時間を取り戻したい

まずは、昨日は、たくさんのコメントにクリ

  •  -
  •  -

389: 【 他人の○○は、蜜の味 】 誰だって知りたいという欲求には抗えない

ブログをしていると、来てくださる方々のと

  •  -
  •  -

394: ストレートネックの、脊中の激しい痛みが止まらない

職業病といってもいいかもしれません。ずっ

  •  -
  •  -

380: 【 懐かしい記憶 】ろう石のゲンさんと、迷子になった私

大草原の小さな家のローラたちが、学校で石

  •  5
  •  -

390: 春は名のみの風の寒さや【 思わずぶるぶる 】

早朝明けきらないうちに、山を歩いてきまし

  •  7
  •  -

387: 樹木のように穏やかに、ご縁を大切に、日々を紡いでいきたい

私達が住んでいた里の家の周囲には、有機農

  •  10
  •  -

382: すい炎から、すい臓癌にならないための七ヶ条

昨年、知人64歳女性がすい臓がんで亡くなっ

  •  4
  •  -

388: 敬宮愛子内親王様、御卒業・御入学に際し

今日の記事は、長文になるかもしれません、

  •  4
  •  -

383: かっこいいな!THE BAWDIES!

いつもご訪問いただき、ありがとうございま

  •  -
  •  -

384: 久しぶりに、怒りで体が震えた

昨日は、久しぶりに心の底から腹立たしい想

  •  -
  •  -

381: 祖母想う、花冷えの日には

彼岸すぎても、まだまだ寒さを感じる。この

  •  15
  •  -

378: 最後の晩餐には、【さつま芋を!】というくらい大好き

私の母は、鹿児島の出身だった。母の長兄が

  •  12
  •  -

379: 本と子どもと、私

はじめて子どもを持ったとき、私は思ったも

  •  4
  •  -

375: 「私って、素直じゃないよね」と、思うとき

月に二回、市の文化会館で、在日アメリカ人

  •  8
  •  -

374: 春の恵みに感謝しています

里の住まいの周囲には、みかん農家がたくさ

  •  -
  •  -

376: 里の野草ご紹介

アザミの花言葉は、「独立」「報復」「厳格

  •  -
  •  -

377: 遺伝子組み換え食品に想うこと

人間は、「より早くより豊かに」を合言葉に

  •  -
  •  -

372: 清潔志向も、ほどほどがいいかな

娘が小学生のころ、校区内でO-157による

  •  3
  •  -

371: 私は、【孫がほしい】適齢期かもしれない

昨日は、一年ぶりに、友と逢った。同じ年齢

  •  8
  •  -

373: シニア世代は、お酒と上手に付き合っていこう

最近、お酒の飲み方が変わってきた。私は飲

  •  8
  •  -

363: 春は、懐かしい日々をいろいろと思い出す

小学校の入学式の朝のことです。母に連れら

  •  2
  •  -

368: たまには、食事写真を載せてみようかな

わが家は夫と私、娘の三人家族です。夫は身

  •  0
  •  -

367: 素敵な日曜日を、お過ごし下さいね!

----------------------------------------

  •  -
  •  -

364: 落ち込みにあると、良いことを思わないものですね

私には娘が一人いる。実は、子どもは一人以

  •  -
  •  -

369: 物事を深く考えず、面白おかしくをモットーに!生きる

ブログを通じて知り合った、ある方のコメン

  •  2
  •  -

365: 薔薇のように華やかな人と、私

高校生1年生の授業では、美術・書道・音楽

  •  6
  •  -

366: 幸せは、暮らしの中から

環境の変化に苦手な私は、日々の暮らしの中

  •  -
  •  -

362: ごめんなさい、少し落ち込んでいます

私は、仕事柄 (ブックデザイン) というこ

  •  -
  •  -

360: ムベの新芽が膨らみ、里に春がやってきました♪

久しぶりに、里の家に帰ってきました。春で

  •  5
  •  -

361: 日曜日、いかがお過ごしでしょうか

本日は、急な取り込みにつきまして、ブログ

  •  -
  •  -

359: 本の読み聞かせ会で選んだ本、 【 ムーミン一家の物語 】 のこと

数カ月ごとに、本の読み聞かせをするボラン

  •  -
  •  -

358: 身代わりになってくれた、娘のお雛様

小さなころから、桃の節句が嫌いだった。座

  •  7
  •  -

357: 夫への感謝を込めて【皇后様の御言葉をお借りしたい】

縁があって夫のところに嫁ぎ、この年月をた

  •  4
  •  -

295: 今日は誕生日です、『めでたい』、と心から思える日にしたいと思います

暖かな大阪ではめずらしく、雪の降る3月1

  •  11
  •  -

347: 【 家との想い出 】マルチーズのマミーが死んだ日

父は、犬が大好きだった。家に来た仔はすべ

  •  4
  •  -

350: 驚くくらいよく効いた!【 精神安定剤 ぜドラム2.5㎜ 】

私はとにかく薬ぎらいで、風邪をひいたくら

  •  2
  •  -

349: これまで守り育ててくれて、ありがとう!!

私の実家の取り壊し日程が、大よそ決まった

  •  -
  •  -

355: あなたが逝って、一年と半年が過ぎました

あの日、あなたの今後の介護に適していると

  •  -
  •  -

351: 今日は、【 お箸で食べる気軽なフランス料理 】を食べに行きます♪

滅多に外食はしないわが家ですが、今日は隠

  •  12
  •  -

353: 救急処置のできない、救急医(②)

よろめきながら歩く私の背中に、看護師さん

  •  8
  •  -

352: 救急処置のできない、当直医

昨年暮れ、私はノロウイルスらしい症状に罹

  •  0
  •  -

346: 姉妹の会話【一日に必要な栄養素を摂る?】うーん

私は、専業主婦になって5年目に突入しまし

  •  2
  •  -

345: 夢に見た、夢みたいな話し

今日は、これから実家に帰り、姉妹が揃って

  •  8
  •  -

348: 娘の足手まといになりたくない、でも寂しくなって

昨日の土曜日、娘が梅田(大阪北部の大都市)

  •  -
  •  -

342: 意外と知られていない【 クラッシュ症候群 】

わが家は今、耐震補強工事を進めている。(

  •  -
  •  -

344: 解体される前に、家のことを記したい

小さなころは、夏が大好きだった。振り返っ

  •  2
  •  -

339: 間もなく、実家が取り壊されます

間もなく実家が取り壊される。私たちのルー

  •  2
  •  -

343: 算数が苦手のまま大人になって、困ることもある

勉強で何が苦痛だったかと訊かれると 『小

  •  0
  •  -

340: ハッピーバレンタインデーに、夫に向けて

2月14日、今日は、世間的には『バレンタイ

  •  2
  •  -

333: 心躍る合言葉は、「春になったら!」

11日は、うっかり祝日ということを忘れ、近

  •  0
  •  -

335: この世で怖くて、苦手なものから守っていてくれた

私は、ネズミが苦手。これは小さなころに、

  •  -
  •  -

302: 脳卒中患者に、拘束衣 (身体の自由を奪う) を着せるということ

父が死んで、今日でちょうど25年が過ぎまし

  •  -
  •  -

338: 娘との諍いを、引き摺ったままではいけない

今日は、予報では雪でしたが、雨になりまし

  •  0
  •  -

330: 娘との諍いに、心折れそう

ようやく授かった赤ん坊は、女の子だった。

  •  -
  •  -

336: 愛らしい電車で、小さな旅を

夫が定年になったら、私には『 中仙道、全

  •  4
  •  -

331: シャツのボタン付け

昨日は、雨が降りましたが、電車に乗る小さ

  •  0
  •  -

312: 今日は、小さな旅をしようと思っています

いつも、お立ち寄りくださいまして、ありが

  •  -
  •  -

326: 【 人は死ぬから生きられる 】 脳科学者と、禅僧の話

アハ体験でお馴染みの茂木健一、禅僧の南直

  •  -
  •  -

324: 私は、どうすることもできなかった

突き指と捻挫の経過観察で病院に行き、その

  •  -
  •  -

313: 木々の雀に、心安らぐとき

怪我をしてしまった指以外でキーを打ってい

  •  -
  •  -

329: コンタクトにした娘は、明るくなりました

昨日の記事の続きです。生まれたときから、

  •  -
  •  -

328: 娘のぶきっちょは、目が悪かったから

小さなころの娘は、他の子がらくらくとでき

  •  -
  •  -

280: 娘と夫の誕生日に、想うこと

母は、父の家に嫁いだのち、なかなか子供に

  •  -
  •  -

323: 脳卒中に倒れた、父の介護

もう二十年以上になるだろうか、脳卒中に倒

  •  -
  •  -

327: 苦手なニンニクを、料理に取り入れたい

私が肉類が苦手なこともあって、わが家の食

  •  -
  •  -

325: 【 不定愁訴 】をやり過ごすために、元の自然なリズムを取り戻そう

怪我により定年前に仕事を辞めて、何が変わ

  •  -
  •  -

320: 【魔使いの弟子】最終巻を読み終えて

長く愛読してきた、イギリスのYA作家、ジョ

  •  -
  •  -

322: 更年期って、いつまで続くものなの!?

寒い日が続きますね。外出もままならない、

  •  -
  •  -

318: 夫婦の幸福

夫と妻の幸福ってなんだろう。 最近、寒さ

  •  -
  •  -

315: 植物の形に見る、命の不思議

昨年、お亡くなりになられた、写真家、埴さ

  •  -
  •  -

316: 『 65歳から74歳を準高齢者 』 と呼ぼうが、身体は正直です

「風邪は万病のもと」ということわざがある

  •  -
  •  -

314: 眠ろうと焦れば焦るほど、眠れなくなってしまうときは

私は、昨年2月、ちょうど一年くらい前に、

  •  -
  •  -

310: パニックに負けない、穏やかな心にする方法

昨日は出先で、びっくりする場面に遭遇して

  •  -
  •  -

308: 母の末期の水

私の母は、脳卒中患者だった。70歳のとき、

  •  -
  •  -

307: お巡りさんの訪問と、警察手帳

日曜日、冬嵐が吹き荒れ、凍えるような寒さ

  •  -
  •  -

291: 成人式、今昔物語

今年は、何日だったのか、私の少し前の感覚

  •  -
  •  -

304: 遅ればせながら、お正月の愉しみを味わっています

お正月の愉しみの一つには、やっぱり元旦に

  •  -
  •  -

303: 痛いの痛いの、飛んでいけ!とはならない年​齢

小さなころ、私はよく怪我をする子どもでし

  •  -
  •  -

301: 昭和の遊びが、懐かしい

仕事で、【昭和の遊び集】という小冊子を作

  •  -
  •  -

297: 素敵な女性(ひと)を見た

初めて行くスーパーだった。連休が終わると

  •  -
  •  -

299: 感受性より、人間力を鍛えたい!

いつも訪問いただき、クリックにコメントを

  •  -
  •  -

294: 娘と夜の散歩をしながら

今年も一週間が過ぎて、「光陰逝水の如し」

  •  -
  •  -

298: 心がルンルン弾む買い物

ここ少し前から、インフルエンザに罹ったり

  •  -
  •  -

300: 『痩せの大食い』 って健康にはどうなのだろうか

あまり大した取柄はない夫だけど、食べ物を

  •  -
  •  -

296: 奇跡が起きたかと思った、お節料理

お正月から、奇跡という言葉のバーゲンセー

  •  -
  •  -

305: 【おばさん以上、おばあちゃん未満】

最近の気候にはほんと、ついていけない。気

  •  -
  •  -

287: 今年も一年、ありがとございました。♪(∩。∩;)ゞ・・・

今年も日記を続けて書くことができました。

  •  -
  •  -

286: 老いとの上手な付き合い方、飲む、呑む、食む、

ノロウィルスか食中毒か、よく分かりません

  •  -
  •  -

285: 師走だというのに、ダウンしてしまいました

御用納め、また師走の気忙しい中、食中毒(

  •  -
  •  -

284: 2016年を振り返り、思うこと

年の瀬が迫ってくると、ここ数年、今年はど

  •  -
  •  -

288: ジョージ・マイケル!クリスマスの訃報!

12月25日、キリスト生誕のその日、名曲 『

  •  -
  •  -

281: 住まいの耐震診断を受けて

クリスマスも終わり、いよいよ師走の気忙し

  •  -
  •  -

279: 無理はいけない、年相応に暮らそう

12歳のころ、日本中に悪性のインフルエンザ

  •  -
  •  -

282: お知らせと、お願い

にほんブログ村のランキングバナーを変えま

  •  -
  •  -

277: 壊れた洗濯機が直った!?

一昨日のブログに、続くような内容になりま

  •  -
  •  -

276: 娘からもらった小遣いの使い道

出たのは少し前だったらしいけど、娘に冬の

  •  -
  •  -

275: 寒空の下、母の洗濯のうた

12年になる洗濯機が、突然、ギィーと断末魔

  •  -
  •  -

271: 無邪気ないたずらっ子が、家にいたらな

入院していた病院を、午後の2時には出て、

  •  -
  •  -

274: 禍福は糾える縄の如し、退院できた!

朝の検診時に、昨日の検査結果は後日にとい

  •  -
  •  -

273: 癌病棟の昼と夜

切除術あとの左腕の痺れが治らず、今朝は痛

  •  -
  •  -

252: 親の病から学ぶこと、教えてくれること

私の両親は、二人とも脳卒中で命をおとした

  •  -
  •  -

272: 深夜の癌病棟にて

乳房にあったシコリを切除した。9時に始ま

  •  -
  •  -

267: 2.500円で散ってしまった命

買い物帰りに、時々寄る喫茶店は、外観がロ

  •  -
  •  -

269: 体調を崩した夫に、ごめんなさい!

このところずっと忙しくて、土日も出勤して

  •  0
  •  0

270: 請求書を書きながら

小さなころからずっと、私は数字を見ると頭

  •  -
  •  -

265: お願い、大吉が出ますように!

癌があるかないか、検診結果はどうであれ、

  •  -
  •  -

261: 桜の木で、干支のバターナイフを作りました

先々週は、シコリを発見したのに、癌だった

  •  -
  •  -

260: 大丈夫、完璧な人生などないのだから

心に不安を抱えているのは自分だけ、こんな

  •  -
  •  -

250: 井村医師が遺した言葉を、ご紹介させてください

みなさん、どうもありがとう。北陸の冬は静

  •  -
  •  -

256: 意気地がない私に、勇気をくれた本

先日からブログに書いているけれど、乳癌で

  •  -
  •  -

258: 娘の憂い

27歳になった娘が最近、必要以上に、私の心

  •  -
  •  -

255: 『惚けの皮』 を被った、知的なおばあちゃん

父は脳梗塞の発作後、リハビリの甲斐なく半

  •  -
  •  -

253: 大らかな姉と、神経質な私

私は、小さなころから、『 ○○ちゃんは感受

  •  -
  •  -

239: 何をしても、続かなかった私だったけど

昨日は、心穏やかに、絵を描いて過ごしまし

  •  -
  •  -

251: うだうだ悩んでも、前には進めない!

一か月も悩んだ末、ようやく乳がん検診を受

  •  -
  •  -

248: 不安は、心に死の影を落す

人は、この世に生を受けた瞬間から、死への

  •  -
  •  -

246: わが里の美しい緑に想うこと

里の家に戻りました。もうすぐ、この里は、

  •  -
  •  -

242: 弱い私に残してくれた、母の言葉を噛みしめながら

暦の上では春というのに、大阪には雪が降っ

  •  -
  •  -

245: 乳癌検診に行けなかった自分が、情けない

一カ月くらい前だろうか、左乳房に小さなぶ

  •  -
  •  -

243: 守護霊を信じますか

私はそそっかしい上に、生活の中での行動が

  •  -
  •  -

244: こころ穏やかに暮らす、幸せ

テーブルというのは、不思議な家具だと思う

  •  -
  •  -

237: お母さん、スマホではなく子どもを見てあげて!

昨日は、娘の仕事に同行することになり、大

  •  -
  •  -

229: 元気をもらえる巨樹と、寂しくなる巨樹

見て寂しくなる巨樹、というのも珍しい。深

  •  -
  •  -

228: 生まれてきてくれて、ありがとう

娘は目が悪く、裸眼では5㎝くらいに近づか

  •  -
  •  -

235: したいのにできなくなってきた、これも老いなのかな

一昨日の日曜日は、ほぼ一日中、読書をして

  •  -
  •  -

234: 一頭のハスキー犬の死に、思うこと

怠け者に徹する手始めに、昨日の日曜日はダ

  •  -
  •  -

233: 神秘に満ちていた、猫の死に場所

高校生の頃だった。題名も著者も記憶にはな

  •  -
  •  -

232: 理想は老衰で人生を終えること、だけど

今週は、いつにもまして、体のあちらこちら

  •  -
  •  -

215: 死ぬまでに、叶えたいこと

私が英会話教室に通っていることを現実に知

  •  -
  •  -

230: 切なさと、愛おしさ

27歳になった娘が、お洒落に目覚めつつある

  •  -
  •  -

224: 生きていることは素晴らしい

一昨日、膝の術後から覚えだした痛みで、落

  •  -
  •  -

226: 懐かしい、大草原の小さな家

最近、DVDマガジンのテレビCMで、「大

  •  -
  •  -

225: 足るを知る幸せ

昔に読んだ本を読み返してみると、当時と今

  •  -
  •  -

218: 神経質な性分を何とかできたらな

私は物事の細かな部分まで、割合に気にする

  •  -
  •  -

142: ドキドキのおつかい

いつも行く、スーパーでのこと。5歳くらい

  •  -
  •  -

222: ケヤキよ、あなたはしあわせですか

先週末、一泊の小さな旅をしてきた。京都と

  •  -
  •  -

216: 通夜式にて

昨夜は、村の隣り組で、通夜式の手伝いをし

  •  -
  •  -

214: 63歳の早すぎる死

今朝7時、静かなこの山里に、村のあらゆる

  •  -
  •  -

219: ブログを書く心にある想い

私は小さなころから、本を読むのが大好きで

  •  -
  •  -

217: やっぱり声だって、美しいほうが

15歳から22歳まで東京で過ごした私は、話す

  •  -
  •  -

213: 人の目、という刃物

昨日は、娘とデートだった。娘は職場から、

  •  -
  •  -

206: 神の存在

これまで生きてきた中で、命の危機に瀕した

  •  -
  •  -

202: ロバート先生の英会話教室

少し前から、英会話教室に通っている。シニ

  •  -
  •  -

211: 夜の愉しみ

私のストレス解消の一つに、夜のドライブが

  •  -
  •  -

207: 安心、安全な物を食べたい

人間は、「より早くより豊かに」を合言葉に

  •  -
  •  -

203: 田んぼの世界

長く入退院を繰り返していた娘が、初めて学

  •  -
  •  -

212: 「レジ袋、ご入用ですか?」

毎日ではないけれど、週に2日くらいは行く

  •  -
  •  -

162: 『ゲゲゲの鬼太郎』、ねずみ男の存在価値

テレビが地デジ放送になって嬉しいことの一

  •  -
  •  -

210: ムカデやスズメバチ、田舎暮らしも大変

毎年、春から夏にかけて、我が家ではムカデ

  •  -
  •  -

209: 動物園は、一人で行くものではないですね

一昨日、無性に動物に逢いたくなって、一人

  •  -
  •  -

199: 美しい秋

うちの前の山を左に折れ、しばらく行くとそ

  •  -
  •  -

205: ブルーグリーンのインク瓶

ブログとは別に、私は現実でも日記をつけて

  •  -
  •  -

158: 里山に相応しい装い

私の住む里に、最近、他所からお嫁さんがや

  •  -
  •  -

200: 人体の不思議

私の平常時の血圧は、大よそ120/75くらいで

  •  -
  •  -

197: いつだって、やり直せる

私の好きな休日の過ごし方は、車で山沿いの

  •  -
  •  -

196: 緊張した場を和ませる、能力

昨日、私も関わっている非営利団体の会合で

  •  -
  •  -

195: 無から生み出すことは、いつだって強い

うちの周囲の農家は、土地を草ぼうぼうにし

  •  -
  •  -

194: 疲れたら、お化粧をして街に出よう!

お化粧をすることを、『メークアップ、メー

  •  -
  •  -

193: ああ面白かった、と言って死ねたら

古本屋で見つけて、即買いしたというのに、

  •  -
  •  -

171: のんびりした夫で、今日もよかった!

今日から3連休の夫が、休日にも仕事をして

  •  -
  •  -

176: 何のために仕事をしているの、と思うとき

家族は休みだというのに、私は納期の迫った

  •  -
  •  -

185: 血液型で、本当に判断できるの

「血液型で、人を本当に判断できるの?」と

  •  -
  •  -

192: 痛みだけはとってもらって、死にたい

読むと涙がでてきて、麻央さんの代わりに、

  •  -
  •  -

188: 美しく逞しく生きた、女スパイ

少し前になるけれど、『情熱のシーラ』 と

  •  -
  •  -

189: どんなふうな葬儀がいいか

母が死んだとき、葬儀のことで長女と三女が

  •  -
  •  -

191: 死ぬまでに、行ってみたい国

私は、まだ海外旅行をしたことがない。理由

  •  -
  •  -

186: 恐ろしいキラーストレスから、身を守る

ストレスが人体に「ストレスホルモンの暴走

  •  -
  •  -

190: できないことばかりを探すのは、やめよう

人前で話したり、意見を述べたりなど、本当

  •  -
  •  -

184: 来るか来ないか、南海トラフ巨大地震

うちは里と町の両方に家がある、と、こう書

  •  -
  •  -

181: 定年は年齢では、決められない

私は定年を前にして、仕事を辞めた。4年前

  •  -
  •  -

182: この世には、神も仏もいないのか

今日、小林麻央さんのブログを、初めて訪問

  •  -
  •  -

178: テレビコマーシャルって邪魔、それとも

私は、リアルタイムでは、テレビは観ないよ

  •  -
  •  -

179: 「あなたの、ためだから」という心にあるもの

近頃はあまり見かけなくなったけど、一時期

  •  -
  •  -

131: 心がほっこりとする絵本

4年前の事故で手術した膝が痛むと、心底、

  •  -
  •  -

177: ひとりぼっちにして、ごめんね

久しぶりに家族揃って、映画“キング・オブ

  •  -
  •  -

169: 苛々するのは、やめよう

最近、少しのことで苛々してしまう。堪え性

  •  -
  •  -

173: 『 断 捨 離 』は悪くはない、ただ私はこう思うのです

引き続き、『 断 捨 離 』に思うことを書き

  •  -
  •  -

172: 断捨離にちょっと思うこと

怒涛の勢いで吹き荒れて、まだ収まることの

  •  -
  •  -

168: 老いへのスイッチ

昨年の夏、7月のことだった。何の前触れも

  •  -
  •  -

170: 青空に白い雲が流れるしあわせ

台風16号はまるで、徒競走をしているがごと

  •  -
  •  -

167: 不可思議な、再生可能エネルギー賦課金

今月の電気料金の明細がポストに入っていた

  •  -
  •  -

166: 才能の神様

私は、料理は得意ではないし、洗濯も嫌いだ

  •  -
  •  -

164: 秋の夜長は人恋しくなる

今週は、なんだか痛みの記事ばかりになりま

  •  -
  •  -

156: 私が薬嫌いになったのは

先日、肩の痛みで診察時にもらったボルタレ

  •  -
  •  -

165: 痛みの予期不安

先週の激しい肩痛のために、直接、痛む患部

  •  -
  •  -

157: ジョリー

数年前から気になっている犬がいる。私の住

  •  -
  •  -

160: 女はやっぱり愛嬌なのか

私はあまり愛想がよろしくない。だから、歩

  •  -
  •  -

154: クロスドミナンス

先日のこと、思い当たる節もないのに、左肩

  •  -
  •  -

155: 歩きながら、から揚げ丼を食べる若者よ

一昨日、昨日と、続けて、私用で大阪市内の

  •  -
  •  -

159: 大阪の泉州地方は、治安が悪くはないですよ

昔、東京に住んでいた頃には、私の出身が大

  •  -
  •  -

139: 臨死体験から思うこと

少し前に、私は19歳に起きた臨死体験を、こ

  •  -
  •  -

152: ノック・オン・ウッド

欧米には、『ノックオンウッド』と言って、

  •  -
  •  -

153: 日本は、本当に豊かな国なのだろうか

録画していた中から、『NHKスペシャル老人

  •  -
  •  -

151: 愛犬の一周忌に寄せて

わが家の最愛の家族、愛犬プリンが死んで、

  •  -
  •  -

150: 父と息子が暮らしてきた家で

夫の古いころの写真が色褪せて、顔の判別も

  •  -
  •  -

137: 暴れだす、喉のポリープ

折からの台風の影響か、幾分、涼しくなった

  •  -
  •  -

147: 今どきのママ

うちのような田舎では、近くに塾がないので

  •  -
  •  -

145: お願い、そんなに褒めないで!

ポーランドに嫁いだ、日本人妻を紹介するテ

  •  -
  •  -

140: 年をとるって、悪いことばかりじゃない

30歳のころから、私はずっとスカートを穿い

  •  -
  •  -

141: もし、永遠に生きられるとしたら

私は、本と同じくらい、コミックを観るのが

  •  -
  •  -

132: 今だからこそ、子どもの心を

「遅刻する~~~!」 娘が階段を、ドタバ

  •  -
  •  -

138: 深夜の激しい動悸

早朝4時前に、激しい動悸で目が覚めた。心

  •  -
  •  -

125: 妻、母、失格の私

わが家付近は、風の通り道に位置している。

  •  -
  •  -

136: スマホを、格安シムに変えた

夏休暇の間にしたいことの筆頭が、スマート

  •  -
  •  -

122: 永遠などないと思った日

このところずっと忙しくて、土日も出勤して

  •  -
  •  -

120: 日本経済を支える、現実

仕事で関わりのある、東大阪の小さな鉄工所

  •  -
  •  -

118: 平安絵巻の世界を堪能する

暑い盛りだというのに、夏休みの初日、京都

  •  -
  •  -

119: 大阪のおばちゃん

大阪のおばちゃんって、なんか派手なふうに

  •  -
  •  -

116: 最高のおふくろの味

おふくろの味というと、幼いころから食べて

  •  -
  •  -

115: 孫が欲しい、お年頃

少し前までは、自分が『おばあちゃん』にな

  •  -
  •  -

112: 光を描く

自由な時間が持てるようになったら、絵を習

  •  -
  •  -

111: ささやかな夢

私は、大阪の海辺の町で生まれて育ち、今は

  •  -
  •  -

110: 女子力、おばさん力

女の子というものは、小さなころから、群れ

  •  -
  •  -

109: 大横綱、千代の富士関との想い出

昭和の大横綱と言われた元横綱・千代の富士

  •  -
  •  -

108: 『愛情』という名の、見えないゴム紐

今日は珍しく、マクドナルドでお昼ご飯を食

  •  -
  •  -

105: 新しい眼鏡で観る世界

一週間前に作ってもらった眼鏡を取りに行っ

  •  -
  •  -

102: 母が死んだ日

今日は母の月命日。つい昨日のことのように

  •  -
  •  -

101: 咄嗟の対応、神対応

私は、家計の管理は、パソコンでしている。

  •  -
  •  -

100: 愛を知らない子

7歳までオムツをされ、それでもダニエルは

  •  -
  •  -

96: ゆるくて甘い国、にっぽん

来る東京オリンピックが視野にあるのかどう

  •  -
  •  -

97: 人間というものは・・・・・・

一般的にトリュフ、キャビア、フォアグラの

  •  -
  •  -

98: 料理下手な主婦でも

大阪では昔は、お盆を過ぎると海に入っては

  •  -
  •  -

93: 夫婦は、やっぱり相見互い

連休中、ちょっとした出来事があった。勝手

  •  -
  •  -

95: 苦い思い出

私は唐辛子に、苦い思い出がある。小学一年

  •  -
  •  -

94: 雨の物語

空と大地がほどよく冷えた季節に降る雨は、

  •  -
  •  -

92: こころ、若やいで生きていく

娘や夫から冗談めかして、『世捨て人』と、

  •  -
  •  -

89: オジサンのような娘

うちの娘には、結婚願望がない。26歳現在、

  •  -
  •  -

88: 娘とステテコ

少し前になるけど、普段は滅多にいかないユ

  •  -
  •  -

87: カボチャが怖い

私の姉は結婚当初、ガスコンロの火が怖くて

  •  -
  •  -

84: 懐かしいテレビドラマ

最近、DVDマガジンのテレビCMで、「大

  •  -
  •  -

83: ソフィーが死んだ

私が少し関わっている、盲導犬訓練学校の盲

  •  -
  •  -

81: 命を奪う、『キラーストレス』から身を守る!

ストレスが人体に「ストレスホルモンの暴走

  •  -
  •  -

78: 何をしても、長続きしない人

少し前の話になるけれど、私は知人から誘わ

  •  -
  •  -

80: 自動車道の多重衝突事故

2016年7月1日(水)午後2時30分ごろ、大阪府

  •  -
  •  -

75: たんこぶが痛い

私はソソッカシイ上に、慌て者で、幾つにな

  •  -
  •  -

72: 本当は、25歳で衰える私たち

数年前から、季節の変わり目、特に梅雨時分

  •  -
  •  -

99: リンクページ

仲良くさせていただいているブログのリンク

  •  -
  •  -

70: つらつらと、手を見る

日曜日が徹夜気味だったので、昨日は午後の

  •  -
  •  -

68: 夫の弱音

昨夜、寝る前のこと。いつも、おやすみと言

  •  -
  •  -

69: 夫の食べっぷり

あまり大した取柄はない夫だけど、食べ物を

  •  -
  •  -

57: 美しい声のあなたが、羨ましい

15歳から22歳まで東京で過ごした私は、大阪

  •  -
  •  -

64: 生きることへの力

私の父は69歳、5度の脳梗塞で命をおとした

  •  -
  •  -

63: 心の殻を破ろうとしたけれど・・・・・・

15年くらい前から、私は、web日記を書き続

  •  -
  •  -

60: 横断歩道は、何のためにあるの

大阪府堺市で、市議を4期務めていた女性議

  •  -
  •  -

58: 死後の世界

これまで生きてきた中で、命の危機に瀕した

  •  -
  •  -

56: 夫がダウンした

梅雨の中頃から真夏への移り変わり時分は、

  •  -
  •  -

50: たったの2,500円の命

買い物帰りに、時々寄る、喫茶店。外観がロ

  •  0
  •  -

49: ゴミと一緒に、不法投棄される犬たち

かつては人間に飼われていた、多くの犬たち

  •  -
  •  -

48: 私、大腸癌にはなりませんので!

土曜日、市から無料の検査をしなさいと、送

  •  -
  •  -

47: 昔と今、子どもたちはどちらが幸せなのだろうか

今月のわが町会の大きな議題は、『地蔵盆に

  •  -
  •  -

45: 原っぱが消えた

原っぱが消えた わが家の真ん前にあった空

  •  -
  •  -

44: 健康は、やっぱりすばらしい

今年2月、生まれて初めて私はインフルエン

  •  -
  •  -

43: 雨が降り続く、里に住む幸せ

私は、大阪ではあるけど、里村で暮らし、日

  •  -
  •  -

42: この世に生まれてきた意味

私がまだ小学校の低学年だった頃のこと、近

  •  -
  •  -

41: 葬儀は、誰のためにするの

このところ、うちの町会で訃報が相次いでい

  •  -
  •  -

40: 女優業は、たいへん

ちょっと前の放送になる。『さんまのまんま

  •  -
  •  -

39: 人生の終(しま)い方

両親の死、末妹の死、多くの知己の死、そし

  •  -
  •  -

38: 産めない不幸、授からない不幸せ

私は平均より(といっても何歳が平均なのか

  •  -
  •  -

37: おばさんの、ロングヘア

真夏のようなお天気だった昨日と打って変わ

  •  -
  •  -

35: なぜ、ブログ日記を書くのだろう

今から17年前になるだろうか、ウエブ上に『

  •  -
  •  -

33: 私は85歳まで生きようと、決めている

私は自分が『死んでも構わない年齢を85歳』

  •  -
  •  -

31: 同じ命なのに、私が対するこの差

怖いモノ嫌いなモノ、人にはいろいろあるだ

  •  -
  •  -

30: 母の命の線引き

私の母は、脳卒中患者だった。70歳のとき、

  •  -
  •  -

28: 『つらい子は図書館へいらっしゃい!』

鎌倉市中央図書館の司書さんが、『つらい子

  •  -
  •  -

27: 父が教えてくれた、将来の病への対処法

私の両親は、二人とも脳卒中で命をおとした

  •  -
  •  -

21: こんな旅が、いいなと思う

GWの始まりに、飛騨高山に行ってきた。実の

  •  -
  •  -

20: うーん、けれどね、やっぱりお洒落心はあるから

最近、身体が変化していくことに、心がつい

  •  -
  •  -

18: にっぽん、って本当に豊かなの?

昨日、テレビの録画番組で、『高齢者破産の

  •  -
  •  -

17: 元気に年を重ねたい

老化防止。漢字で書くと、さも老人は人生の

  •  -
  •  -

15: いじらしいオラウータンの子ども

私は動物が大好きだけど、お猿が苦手で、な

  •  -
  •  -

12: 夫婦は相身互い

ちょっとした出来事があった。勝手口を入っ

  •  -
  •  -

11: 痛みが引き金になって思い出す

先週、土曜日に起きた突然の身体の痛みで、

  •  -
  •  -

10: 書き言葉の拘り

わたし、という一人の人間が自分の心の風景

  •  -
  •  -

8: 私はわたし、「これでいいのだ」と思う

15年くらい前から、私は、web日記を書き続

  •  -
  •  -

7: 夫婦の寝室

3年前、私は出勤前の、慌しさの中で、階段

  •  -
  •  -

5: 夫婦

毎朝、行ってきますの声とともに、夫と娘が

  •  -
  •  -

2: 取り違えてる個人保護法

ウィキペディアによると、2004年8月時点で

  •  -
  •  -

4: ごあいさつに代えて(当ブログのご説明も)

数年前から、ブログに日々の想いを書きとめ

  •  -
  •  -