姉妹の会話【一日に必要な栄養素を摂る?】うーん

私は、専業主婦になって5年目に突入しました。
紆余曲折を経て(大袈裟な書き方ですが)、目下の最大関心事は、【家族の食生活を預かる】ことについてです。

私も年だけはとっていて、結婚生活も30年以上にもなろうかというキャリア?の持ち主でもあります。
が、ずっと兼業で主婦をしてきて、家事はいつも時間との闘いでしたから、疎かになりがちで、主婦としてはノンキャリアになるのでしょうか。

-----------------------------------------------------------------------
にほんブログ村 シニア日記ブログ 女性シニアへ
にほんブログ村
-----------------------------------------------------------------------

家事の合理化を図り、自分の趣味のための時間を作る、という観点でなら、これもありとは思います。
けれど、私の場合、常に仕事が最優先だったのです。

仕事とは給与をいただいているのですから、最優先して当たり前かもしれません。
自分の時間を対価にしてもらっているのですから。


そんな自分が、専業主婦になりました。
専業主婦になると、私が一番にすることは、家族の健康管理ということです。
家事は何とかして、手抜き(時短ともいいますね)することに焦点を絞ってきた私は、この年になって主婦業に戸惑うことが多くあります。


健康を損なわないようにするには、過労やストレスもあるでしょうが、やはり食生活の充実が一番ではないかと思うのです。
ベテラン主婦の方ならば、今更!という想いになられるかもしれませんね。

インターネットやレシピサイトなどで、【一日に必要な栄養10品目】という項目を目にします。
この10品目を毎日の食事に組み入れることが、今のところのの最大関心事になるのです。

肉・魚、野菜、果物、卵・乳製品、大豆製品、油脂、海藻類、芋類、とありますよね。



これらの中で、海藻や芋類に、私は悩んでいます。

海藻類は、どんな料理に取り入れたらいいのか、お芋さんの場合、スーパーなどで売られている小芋の袋入りを買うと、大体12個くらいはあります。
それは一日に使い切れる量ではなく、今日は煮つけにし、明日はお鍋にいれて、次は何、と迷うのです。
三人家族ですから、一人が一日に1個ずつ食べるとして、3個の小芋だけを煮付ける、何だか難しいのです。
三日間も煮付けばかりになってしまうのも、芸がないし。


また、メニューのレパートリーが少ないのが一番の原因としても、冬場に海藻を摂るのはとても難しいし、わが家は私以外は酢の物が苦手で、ワカメの酢の物や、メカブなども嫌いなようです。

思い余って、女子栄養大学の通信講座を受けようと思って、資料を取り寄せました。
一講座6回で、38.000円くらいで、栄養面からの健康を、通信教育で学ぼうかと思ったのです。

昨日、実家に姉妹が揃いました。
ここぞとばかり、新米専業主婦の私は、ベテラン専業主婦の姉と妹に質問しました。
資料は手元に届いたけど、はて、「ここまでやるほどのものなの?」、と、ふと自分で疑問が湧いてきたからです。

「えっ、本気でそんなこと考えてるん?そんなん、毎日、チェックせんでいいから、大体でええんよ!」
姉は、目をまん丸にして私を見ると、言いました。

妹は、ニヤニヤ笑いながら、「◯◯ちゃんらしいな」
と、呆れたような顔で見ただけでした。

昨日は、それよりも、今後の実家解体についての大切な打ち合わせをしなければならない、わが家の献立どころでもなく。
それっきり話題には上がらなかったのです。

今、ブログを書きながらも、やはり、一日に栄養バランスをうまく献立に組み込むのは、なかなか、難しいなぁと思うのです。




-----------------------------------------------------------------------
いつもご訪問いただき、ありがとうございます!
ブログランキングに参加しています。

文字を↓↓↓クリックしていただくと、うれしいです。よろしくお願い致します。

にほんブログ村 女性シニア

-----------------------------------------------------------------------





スポンサーサイト

うだうだ悩んでも、前には進めない!

一か月も悩んだ末、ようやく乳がん検診を受けたのが、今週の月曜日だった。
まず、触診、次にマンモグラフィーという乳腺を写すレントゲンをするのが、通常の検診になる。

私がマンモグラフィーを受けたのは、もう20年近く前になる。
ここが悔やむところだけど、その間、超音波で一度、乳腺を検査しただけで、一度も乳がん検診を受けていない。
自分の健康、体のことなのに、なんて怠慢だろと、猛省したけど、後の祭りにならないように。


今回、怖い心を抑え、検診を受けたというのに、受ける前よりも落ち込んでしまった。
その理由を、考えてみると。

40歳以上の私は、市の集団検診だと、ほぼ無料に近い検診費を支払うだけで済むこともあり、それを受けた。
ところが、マンモグラフィーの検査結果が出るのは、約三週間を要するという。


しかも、結果のみ、郵送されてくると言われた。
そこで、「えっ?」と疑問に思ったのに、口に出して言えなかった。
忙しそうにしている、医師、看護師、検査技師さんにそれ以上、無駄な質問をして、時間を割いてもらうことが、私にはできなかった。



帰宅後、疑問と一緒に、不安が噴き出してきて、心から溢れそうになってしまった。
触診では、医師も、私のシコリに首を傾げていたのに。

私のシコリに触れているとき、考え過ぎかもしれないけども、瞬間、医師の表情が変わった。
それを私は見たのに。
なぜ、そのときに、突っ込んで訊けなかったのだろう。

市の集団検診の限界を、感じてしまった。
決して、市の集団検診を悪く言うのではない。

ただ。この度の私のように、『すでにシコリがあり、過去に乳腺炎で手術を経験している人には、向いていない』
そういうことではないだろうか。

遠慮から、そのことに、疑問を挟めなかった、だから不安が増大してしまったのだと思う。




で、先ほど、保険扱い(あくまでも自費ではありません)で、受診という形で、再度、マンモグラフィー、超音波エコーの同時検査を受ける予約をした。



『高濃度乳腺』 というタイプが女性にはあるのをご存じでしょうか。
このタイプの乳腺は、マンモグラフィーでは真っ白になり、鮮明な映像は映らない。
この場合は、超音波が有効なのは、今では乳がん検診の常識になりつつあるのです。

乳がん検診では、ご自分が高濃度乳腺であるかどうかが、とても重要になってくる。

私は、自分が高濃度乳腺タイプだと知っていたのに。
シコリがあるのに、超音波を受けず、郵送で送られてくる検査結果を、三週間も待つチョイスをしようとしている。



もう止めた!
うだうだしないで、気遣いもしない。
だって、悪性だったとしても、自分の命に責任をとるのは、他の誰でもない、この私なんだもの。

医師の説明もない、ただ郵送されてくるだけの検査結果を、三週間も待てない。
来月早々に、もう一度マンモグラフィーと超音波検査を、市の集団検診ではなく、乳腺外来で受けることで、予約をとった。
結果は、当日、その日に専門医から説明があるらしい。


不安の正体が分かったら、あぁースッキリした。




にほんブログ村 ライフスタイルブログ 丁寧な暮らしへ
いつも、イイネクリック、コメントをありがとうございます!
---------------------------------------------------------------------








不可思議な、再生可能エネルギー賦課金

今月の電気料金の明細がポストに入っていた。
初回振替日8月29日、再振替日9月7日とあって、明細の記載が続く。

今年の8月は、例年になくわが家も、実は今年が初めてといってもいいくらい、家中のクーラーがフル稼働した。

みなさんも記憶にあるでしょうが、数年前に、【すべての方に国からの大切なお知らせです】 そう題したチラシが、各戸に配布されました。
それは、(再生可能エネルギー賦課金等を新たに徴収する内容のお知らせ)です。


チラシには、Q&A形式でいろんな質疑応答を載せている。
私は、こういうシステムは解せないと思うタイプなので、チラシの質問の一番目に記載されている質問を、直接、資源エネルギー庁に電話で聞いた。

当たり前ではあるが、担当者からは、チラシに載っている答えしか返ってこない。

「国で決定したことですから」

「それでは釈然としないから、こうして電話をして訊いているのです」と、私は食い下がった。

「ですから、将来、日本がエネルギー自給率を上げるために蓄えておくのです」

「はぁ?それって再生エネルギーを売る人(または個人企業?)に支払うお金を、我々関係のない所帯から集めているってことですか?」

と、私は更に食い下がった。



電話の向こうでは、システムのことを深く知り由もない担当者が、曖昧な返事を繰り返している。


怒り心頭の私は、「今月の電気料金から賦課金を差し引いた金額を支払います」、と電話の相手に言った。

「そんなことをすると、もしもの時は電気が止まりますよ」と、資源エネルギー庁の担当は半ば、脅すようにそう言った。

ちなみに、我が家のその時の賦課金は100円也!
この金額が、安い、高い、そういう意味ではない。

私はこの制度に政治の胡散臭さを感じたのだ。
時の政権与党の代表を持ち上げて、再生可能エネルギーを国に買い取らせるように、進言した企業。
その時に、私は政権与党の代表と、それを進言した某企業に、密約めいた胡散臭さを感じてしまったのだ。
(ニュースでもほんの短い時間、流された)

この制度は、2012年6月18日、民主党・枝野氏の【大臣答弁】で決まった。

昨日、珍しく過去の光熱費をエクセルのアーカイブから出力した。
なんと、再生可能エネルギー賦課金は、当初の100円より、現在は【767円】と七倍にも跳ね上がっていた。

徐々に、ゆっくりと上昇カーブを描いている、その数字を前に、私は今、腕組みしている。
これは、ひょっとするととんでもなく莫大なお金が、国に流れているでのはないだろうか。
うちだけでも、枝野答弁後から計算すると、50.000万円強、徴収されている。

これを、国民総世帯に当てはめると、相当な金額になるだろう。


外では台風16号が和歌山に再上陸し、うちの周囲にも猛烈に雨を降らせ、庭の木々を倒さんばかりに強い風を吹かし、無力な国民を痛めつけている。

私は、この制度に、台風16号と同じような恐怖を感じている。
国民から強制的に徴収している、この得体のしれない、ややこしい名前のお金の使途は、一体、何に使われているのだろうと、想いながら。



にほんブログ村のランキングに参加しています
----------------------------------------------------------------








私が薬嫌いになったのは

先日、肩の痛みで診察時にもらったボルタレン(痛み止め)を、早速、夫が薬箱から慌てふためくようにして探している。
統計によると55歳から65歳のシニア世代の男女で、何らかの薬を服用している人は75パーセントにも上るとか。
この数字にはサプリメントは入らない。


シニア世代の私だけど、今のところ常用している薬はない。
これは、とりたててどこも悪いところはないからでもあるけど、私はとにかく、薬嫌い。

病院に罹り、薬を処方されても飲まない、もし医師に薬は結構ですと言える状況なら、そう言う。
要するに、私は、薬を信用していない。

過去、薬の処方ミスをされたことがある。

217と218と、薬剤コード1字が違うだけ、218は劇症肝炎の薬だった。
私は、『普通の指の炎症だった』

これは製薬会社も悪いと思う。
劇症肝炎と通常の炎症を抑える薬を同列に属せることが、そもそも間違いの元なのではないだろうか。

けれど、夫は大の薬好き。
医師から処方された薬は、一丸一服も残すことなく、生真面目に飲む。

大体、お腹が痛いのなら、ビオフェルミンか陀羅尼助で済ませればいいのにと、心配になってしまう。

で!
私がなぜ、処方の間違いに気付いたのか。

当時、私の母方の伯父が、交通事故による軽い怪我で入院中に、急性肝炎であっけなく死んでしまった。

「薬の副作用だ」と、泣きながら伯母が話していた。
真実かどうかは今となっては判らない。

けれど、そのことが私には衝撃だった。
健康が取り柄というくらい病気一つしたことのない72歳の伯父が、あっけなく死んでしまった。

それを伯母は医師処方による、薬の所為だと言い切ったのだ。


伯父にどのような薬が処方されていたのか、分からないが、赤い色がついたカプセルだった。
今思うと、院内感染もあるだろうが、医療過誤ではないのかと、誰もが疑った。
病院が絶対に安全ではないと、それを機に私は身をもって知った。


そしてそれ以降、医師が処方する薬も、インターネットの普及していないころから、
「医者からもらった薬が分かる本」を手元に置き、調べてから飲む、そんな癖がついた。

けど、激しい痛みを止める以外の薬は、できるなら飲みたくないのが、私の本音。

ランキング応援、いつもありがとうございます♪
----------------------------------------------------------------








このカテゴリーに該当する記事はありません。