ゆりかごの歌

小さなお話に画を添えて、心がほっこりするようなブログを書いてみたい。
MENU

こころ踊る本が、手元あれば

世界中にファンタジーを広めた「指輪物語」は、「ホビットの冒険」と並び、
そのストーリー性の素晴らしさから、今日の様々なゲームのストーリーの元となっている。
人間界と妖精界、それにホビットという小さな人々の世界を書いたこの本は、我が家は娘より、私が楽しんだ。

中世の世界は、黒い魔法使いに支配されようとしていて、それを阻止しようと、灰色のガンダルフという魔法使いが、人間、妖精(エルフ)、鬼(ドワーフ)、ホビットたちに悪と戦う力を結束しようと呼び掛けた。

にほんブログ村 主婦日記ブログ 50代主婦へ

そうして、ついには、悪を倒し、世界は平和を取り戻す。



ロードオブザリングと題した映画が上映され、ほどなくしてDVDも発売された。
私は小躍りした。
美しい妖精、可愛いホビットにまた逢える!
嬉しさに心ははち切れそうだった。
三部作の映画を観終わって、夢をくれた物語に感謝した。


しばらくして、ファンタジーの世界に、イギリスのJ・K・ローリングという女性作家が描いた、「ハリーポッター」が登場した。
ハリーは、魔法使いと人間(マグルと呼ばれる)の間に生まれたハーフである。
両親を悪の魔法使い・ヴォルデモートに殺されてしまった過去を持つ、生まれながらにして孤独な少年だ。
ハリーが、両親の仇であるヴォルデモートと闘い、打ち負かしてしまうのが全容。

魔法使いや怪物、幽霊などが登場はするが、ファンタジーの定番である、
中世ヨーロッパが舞台ではなく、現在に物語を登場させる独特の世界を構築した。

ハリーを助けながら悪との闘いに参戦するのは、気弱な少年ロン、聡明なマグルのハーマイオニーだ。
この3人がメインキャストの毎回、エキサイティングなストーリーだった。

ファンタジーに必要な要素は、お姫様と伝説の勇者、中世、お城、剣、悪い魔法使い、それらを司る悪の魔王。
この原点は、ロードオブ・ザ・リングにあるように思う。

ハリーはどうだろう・・・、この原点を満たしているのだろうか。

「ハリーポッターと賢者の石」から数えること全八作品、「死の秘宝で」、物語は最終章を迎え、スクリーンでは、
2011年夏に、最終話の上映が放映済みになった。

私たちの人生には物語性がない、あるとすれば日常の中での葛藤と営み。
私たちがファンタジーに求めるのは、原点に忠実な物語ということもあるけれど、人の心は、現実をしばし忘れ、遊びという空想の空間を欲する。

心が風邪をひいたとき、落ち込んでしまう私には、ファンタジーが一つあれば、その感情に華を添えてくれるような気がする。






------------------------------------------------------------------------

いつもご訪問いただき、ありがとうございます!
ブログ↓ランキングに参加しています。

にほんブログ村 主婦日記ブログ 50代主婦へ
にほんブログ村
よろしくお願いいたします。






スポンサーサイト

幼い日の自分に出会える絵本

昨日は久しぶりに図書館に行ってきました。
静かな館内の絵本コーナーの、小さなソファで絵本を読んでるおばさんが私です。

福音館書店から出版された、絵本『きょうはなんのひ』
この絵本が出たのは、もうずいぶん前になりますが、今も、熱烈なファンがいっぱいなのです。

林田明子さんの挿絵の人気かもしれません。

mamiko


まみこという少女と、その両親の3人家族が住む家には、裏庭に金魚の池があります。
金魚の池は、私の子どものころ、実家にもあり、大好きな場所でした。

縁側から金魚の池に行くことができて、その池で祖父といろんな話をして、むかし昔の話を聞くのが面白く、
思い出すと、鼻の奥がじんと痛くなってきます。


朝、玄関から学校に行くまみこが、

「きょうはなんのひ?」とお母さんに言います。

首をかしげるお母さんに、知らないのなら家を探してごらんなさいと言うまみこ。

すると、家中からまみこが書いたメモが出てきます。

メモはお父さんとお母さんの結婚記念日のお祝いメッセージ。
そして、この絵本の結末は素敵なことが待っています。

二階の両親の寝室には、足踏みミシンが置いてあって、そのミシンはまみこの洋服を縫うのかなぁ。

そんなふうに、家族の風景を想像しながら私は、絵本に夢中になっていきます。

何気ない絵本のシーン、足踏みミシンや金魚の池、居間のこたつ、など。
それらの絵に、夢中になって、本に釘付けになってしまうのです。


たまに、図書館の絵本コーナーにいる私を、チラチラとご覧になる方々がいます。
そんな方々からは、大人が絵本!、という驚きを感じるのです。
絵本ってね、大人、というかおばさんにも必要なのではないかなと、私は思うのです。

絵本に限らず、本には、読む楽しみと読み返す喜びがあるのではないでしょうか。
少なくとも私は、この絵本はもう何度、読み返したか記憶にないくらいです。

何度か読んだ本でも、その時々の自分の心模様が反映されるから、また新たな発見が本からもらえるのです。


まみこの家の金魚の池は、今の私を、
小さかったあの頃、金魚の池で姉妹が遊んだあの日に連れて行ってくれるのです。


今日から、通常の毎日が始まりますね。
私は毎日、連休のようなものなのに、やはり家族の連休は、忙しいけれど嬉しいものでした。

みなさまは、いかがお過ごしでしたか。







------------------------------------------------------------------------

いつもご訪問いただき、ありがとうございます!
ブログ↓ランキングに参加しています。



画像↑をクリックしていただくとうれしいです。
よろしくお願いいたします。



※お断り&お知らせ
コメント欄は閉じさせていただいていますが、
『NEWメッセージボード』、拍手コメント欄は開けております。



本と子どもと、私

はじめて子どもを持ったとき、私は思ったものでした。

私は、自分が大切にしているもの、美しいと感じること、価値観が高いことを共有できるような、
そしてなによりも、本が好きな子どもになってほしいなと、願ったのでした。


小さなころから、たくさんの人と接するのが苦手、音楽もダメ、ちょっと不器用な私でしたが、本だけは大好きでした。
本から得たあたたかな想いや、希望に燃える心を、自分の子どもにも味わってほしいなと思ったのです。
そんな気持ちは、ずっと今も心にあります。

読書から得るよろこびを知らないでいる子どもたちに、本の世界を感じてもらいたい、その気持ちはわが子にも、わが子でない子どもたちにも、同じように思っています。



わが子が少し大きくなると、二人して図書館通いが始まりました。
いつしか娘は、本が大好きな、本がなくてはならないような子どもに育ちました。
図書館では借りられる本に限りがあり、母娘して数を譲り合ったり、また、競い合ったり、楽しい日々が続いたのです。



私は今、『本の読み聞かせ会』のボランティアをしていて、今月は自分が読み聞かせの本を選ぶ当番月にあたります。

ところが選んだ本、ムーミン一家の物語は、会議でメンバーの承認を得られなかった。
それは、少し前にブログ記事に致しました。

読み聞かせ会は、26日にあります。
それまでに、会議でメンバーの承認を得なければなりません。

いろいろ考え迷ったのですが、安房直子さんの本にしようと思いました。

『ゆめみるトランク』です。
北の町の一軒の素敵なかばん屋さんには、ちょっと風変わりなお客様が訪れます。

ゆめをいっぱい、かばんに詰めて、お店に来る妖かしの生き物たちと心があたたかくなる、小さなお話の数々。

abou.jpg

なんといっても、安房さんの本は読んでいる私までが楽しくなります。
やっぱり本はこうでなくっちゃ!とワクワクするのです。


ご存知かもしれませんが、安房さんは五十歳という若さでお亡くなりになりましたが、子どもたちのための児童書を、たくさん著し遺されました。

古来からの民話を下地に、独特な世界観を紡ぐ、ファンタジー界にもたらした功績は大きいなと、私は思っています。
読み聞かせ会で伝えたかった、家族愛はひとまず置いて、聞いてくれる子どもたちの心に、少しの夢や希望が湧いてくれたらと願いつつ、本の世界の素晴らしさが伝わったらなと思います。



その前に、まずはメンバーの承認が必要ですが。




-----------------------------------------------------------------------
いつもご訪問いただき、ありがとうございます!
ブログランキングに参加しています。

画像をを↓↓↓クリックしていただくと、うれしいです。よろしくお願い致します。

にほんブログ村 シニア日記ブログ 女性シニアへ
にほんブログ村
-----------------------------------------------------------------------





本の読み聞かせ会で選んだ本、 【 ムーミン一家の物語 】 のこと

数カ月ごとに、本の読み聞かせをするボランティア活動をしています。
3月は、私の当番月にあたり、さて、どんな本を選ぼうか、と迷った結果、【ムーミン一家の物語】が頭に閃いたのです。

日本ではアニメになって放送されたこともあるので、子どもたちにも馴染みやすいのでは、と思ったこともあります。

-----------------------------------------------------------------------
にほんブログ村 シニア日記ブログ 女性シニアへ
にほんブログ村
-----------------------------------------------------------------------

今回、私たち【読み語り会】がお邪魔するのは、T学園というところ。
ここは、親と暮らせない乳幼児から高校生までの子どもたちの家でもあります。

学園に来ることになった子どもたちの事情背景はそれぞれ異なるけれど、親と住めない子どもたち、という点で共通しています。
ネグレクトされた、交通事故で親を亡くしてしまった、その他、親からの様々な虐待から逃れてきた子どもたちの居場所になっているのです。

学童期の子どもたちは、この住まいから校区内の学校へ通学しています。
正直、学園から通学していることで、学校内で苛めにあったり、云われなき差別に晒されている子どもたちもいるようです。


それが因で、心が荒んでしまう子もいると、先生方のお話しをお聞きすると、胸が痛みます。
私たちの会は、本を通して、『生きていると良いこともある』、を伝えたい、が活動の根っこにあります。

始めは本好きなみんなが集まり、図書館で読み聞かせをしていたのが、もう少しフィールドを広げて、今日になっていったのです。


【ムーミン一家の物語】は、フィンランドの童話作家、トーベヤンソンが生んだ、ムーミントロールという、架空の小さな生き物を主人公に、物語が進んでいきます。
トロールは北欧の神話や民話に出てくる、妖精や小鬼のことです。


トーベヤンソン、ムーミン一家の物全集は、一巻から始まり、八巻で最終を向かえましたが、ムーミン一家やその周囲の小さな生き物たちは、今もムーミン谷で生きていることでしょう。。

ムーミン一家には、シルクハットを被り、タバコをふかしている一家のパパ、エプロン姿の優しいママ、そして一人息子の、ムーミントロールがいます。
ミーという小さな女の子が養女になったり、いつも一家を頼ってくる人(生き物)の姿が絶えません。
家族愛というモノが、物語の骨子にもなっているのです。



物語の全編に流れるのは、頼りになる父親、子どもを慈しむ母、両親の愛に見守られながら、心を大きく成長させていくムーミントロール。

本が決まったことで、私は、会に報告しました。

ところが、家族愛がテーマになっているこの物語を、学園の子どもたちに聞かせるのは酷ではないか、そんな意見が日曜日の会議で出たのです。

「いくら童話でも、やっぱり家族をテーマにしたことが良くないのだろうか・・・・・・」

と、これは、私の心の声です。

この記事は長くなりますので、次に(明日)続けて書かせていただきます。





----------------------------------------------------------------------
いつもご訪問いただき、ありがとうございます!
ブログランキングに参加しています。

文字を↓↓↓クリックしていただくと、うれしいです。よろしくお願い致します。

にほんブログ村 女性シニア

-----------------------------------------------------------------------

※お断り&お知らせ
今日はコメント欄は閉じさせていただいています。

尚、『NEWメッセージボード』は、そのまま開けております。

こちらは、レスはありませんが、ご伝言ボードとしてご利用くださると有難いです。
どうぞ、よろしくお願いいたします。_(_^_)_











【魔使いの弟子】最終巻を読み終えて

長く愛読してきた、イギリスのYA作家、ジョゼフ・ディレニテイーの【魔使いシリーズ】に、一応の区切りがついた。
あまりにも、私の想像とかけ離れていた結末に、ショックでしばらく、茫然としてしまった。

にほんブログ村 小さな暮らし
-----------------------------------------------------------------------
このシリーズは、本国のイギリスで続編が出版されている。
最終章は終わっても、この続きがまた翻訳されて、日本にも紹介される日が来るだろう・・・・・・か。

魔使いは、その地方の魔の者たち悪霊や幽霊などから人々を守る任に就いている。
平たくいえば、悪魔払いのような役割だ。

リヒューム、ボガートなどと、聞きなれない闇の者たちの名前が、本には何度も登場する。
ファンタジーの世界では、そのネーミングも目新しく、私には新鮮だった。

彼らは、闇(悪)と闘う故に、本来なら感謝されるべきところを人々からは恐れられ、忌み嫌われる。

お金儲けもできず、自分たちが信ずる、光(善)の世界のために闘うのだ。

この本で私は、善と悪について考えざるをえなかった。
初めにも書いたけれど、簡単に言うと、私の想像していた結末にはならなかった。

私は典型的な、勧善懲悪を想像していた(というより、そうなってほしいという願望か?)。
続きを書くためには、悪を完全に滅ぼすわけにはいかなったのだろうけど。

作者のジョゼフ・ディレニテイーさんが書きたかったのは、必要悪についてではないのだろうか。
最終章を読んで心に強く残ったのは、善と悪と、必要悪だった。

地球は、自分自身の内に、善と悪を住まわせている。
そして、内なる中で善と悪を競わせ、ほんのちょっぴり、善が勝るように、自らの意思でしていると、常々私は思っている。

それが、即ち必要悪なんだろうと思う。

魔使いシリーズを読んでいて、そのことをいつも感じていた。
なぜ、善だけではダメなのか、悪が必要なのか。

そこが、最終章では曖昧になっていたように思う。
続編では、そこを書くのだろうか。

それにしても、愛読書と別れる辛さは堪える、早く続編を日本でも出版してほしい!






-----------------------------------------------------------------------
いつもご訪問にあたたかいコメント、クリックをありがとうございます!
ブログランキングに参加しています。

文字をクリック、↓↓↓お願い致します。
にほんブログ村 女性シニア
-----------------------------------------------------------------------

ウツウツに対しての暖かなコメントを寄せてくださいまして、
本当にありがとうございました。
読みながら、心が慰めらて、気持ちが和らぎました。






このカテゴリーに該当する記事はありません。