category: 本などに想うこと  1/3

こころ踊る本が、手元あれば

No image

世界中にファンタジーを広めた「指輪物語」は、「ホビットの冒険」と並び、そのストーリー性の素晴らしさから、今日の様々なゲームのストーリーの元となっている。人間界と妖精界、それにホビットという小さな人々の世界を書いたこの本は、我が家は娘より、私が楽しんだ。中世の世界は、黒い魔法使いに支配されようとしていて、それを阻止しようと、灰色のガンダルフという魔法使いが、人間、妖精(エルフ)、鬼(ドワーフ)、ホビット...

  •  -
  •  -

幼い日の自分に出会える絵本

昨日は久しぶりに図書館に行ってきました。静かな館内の絵本コーナーの、小さなソファで絵本を読んでるおばさんが私です。福音館書店から出版された、絵本『きょうはなんのひ』この絵本が出たのは、もうずいぶん前になりますが、今も、熱烈なファンがいっぱいなのです。林田明子さんの挿絵の人気かもしれません。まみこという少女と、その両親の3人家族が住む家には、裏庭に金魚の池があります。金魚の池は、私の子どものころ、実...

  •  -
  •  -

本と子どもと、私

はじめて子どもを持ったとき、私は思ったものでした。私は、自分が大切にしているもの、美しいと感じること、価値観が高いことを共有できるような、そしてなによりも、本が好きな子どもになってほしいなと、願ったのでした。小さなころから、たくさんの人と接するのが苦手、音楽もダメ、ちょっと不器用な私でしたが、本だけは大好きでした。本から得たあたたかな想いや、希望に燃える心を、自分の子どもにも味わってほしいなと思っ...

  •  4
  •  -

本の読み聞かせ会で選んだ本、 【 ムーミン一家の物語 】 のこと

No image

数カ月ごとに、本の読み聞かせをするボランティア活動をしています。3月は、私の当番月にあたり、さて、どんな本を選ぼうか、と迷った結果、【ムーミン一家の物語】が頭に閃いたのです。日本ではアニメになって放送されたこともあるので、子どもたちにも馴染みやすいのでは、と思ったこともあります。-----------------------------------------------------------------------にほんブログ村------------------------------------...

  •  -
  •  -

【魔使いの弟子】最終巻を読み終えて

No image

長く愛読してきた、イギリスのYA作家、ジョゼフ・ディレニテイーの【魔使いシリーズ】に、一応の区切りがついた。あまりにも、私の想像とかけ離れていた結末に、ショックでしばらく、茫然としてしまった。にほんブログ村 小さな暮らし-----------------------------------------------------------------------このシリーズは、本国のイギリスで続編が出版されている。最終章は終わっても、この続きがまた翻訳されて、日本にも紹介...

  •  -
  •  -