Archive: 2017年01月  1/3

娘のぶきっちょは、目が悪かったから

No image

小さなころの娘は、他の子がらくらくとできる身体を動かす遊びなどが、とてもぶきっちょで何をしてもうまく出来た試しがありませんでした。反面、ベッドで寝ながら出来るような折紙や、お絵描きは器用にこなすのです。多分、生まれた時から入退院を繰り返していたからだと、わたしたちは思っていました。-----------------------------------------------------------------------にほんブログ村 女性シニア----------------------...

  •  -
  •  -

娘と夫の誕生日に、想うこと

No image

母は、父の家に嫁いだのち、なかなか子供に恵まれませんでした。 家には父の姉や妹がまだ同居していて、その小姑のうち義妹が事あるごとに、 「嫁して三年 子なきは去る」と仄めかし、母を苦しめていたと言います。私には平成2年1月29日生まれのひとり娘がいます。偶然ですが、この同じ日、1月29日は夫の誕生日でもあるのです。^^ヾ昨日、夫63歳、娘は27歳になりました。------------------------------------------------------...

  •  -
  •  -

脳卒中に倒れた、父の介護

No image

もう二十年以上になるだろうか、脳卒中に倒れた父の介護を始めた当初は、バリアフリーも整っていない家でレンタルの介護ベッドを使用し、その横にはポータブルトイレを置くだけのスタートだった。古い家屋の床は畳敷きのまま、トイレもお風呂場も、洗面所だって、バリアフリーなどとは程遠い。また、介護保険制度もなく、公的な援助を受けることは、難しいことだった。----------------------------------------------------------...

  •  -
  •  -

苦手なニンニクを、料理に取り入れたい

No image

私が肉類が苦手なこともあって、わが家の食卓にはあまり肉料理はでない。肉と言えば、唯一、鶏肉を使った献立になってしまうから、夫は、もしかしたら少し物足りないと思ってるかもしれない。-----------------------------------------------------------------------にほんブログ村 小さな暮らし-----------------------------------------------------------------------鶏肉以外にタンパク質は、魚かお豆腐で摂るようにしてい...

  •  -
  •  -

【 不定愁訴 】をやり過ごすために、元の自然なリズムを取り戻そう

No image

怪我により定年前に仕事を辞めて、何が変わったかといえば、自分の体力が落ちたことが一番にあるような気がしている。それは、よく言われる、【不定愁訴】をもたらしてしまう。本来なら、心は体の健康を守るために、雄々しくのびやかにまろやかにあるものなのに、不定愁訴を訴えている限り、その心は、不安感で満たされてしまう。-----------------------------------------------------------------------にほんブログ村 小さな暮...

  •  -
  •  -

【魔使いの弟子】最終巻を読み終えて

No image

長く愛読してきた、イギリスのYA作家、ジョゼフ・ディレニテイーの【魔使いシリーズ】に、一応の区切りがついた。あまりにも、私の想像とかけ離れていた結末に、ショックでしばらく、茫然としてしまった。にほんブログ村 小さな暮らし-----------------------------------------------------------------------このシリーズは、本国のイギリスで続編が出版されている。最終章は終わっても、この続きがまた翻訳されて、日本にも紹介...

  •  -
  •  -

更年期って、いつまで続くものなの!?

No image

寒い日が続きますね。外出もままならない、こんな時期は、やっぱり炬燵で足を温めて、のんびりと、美味しいお茶を飲むに限りますよね。-----------------------------------------------------------------------にほんブログ村 小さな暮らし----------------------------------------------------------------------二、三日前からまたまた、気分が優れない。鬱より、軽いその状態を私は、ウツウツとよんでいる。(最近、暗い内容...

  •  -
  •  -

夫婦の幸福

No image

夫と妻の幸福ってなんだろう。 最近、寒さの所為か、しあわせとかぬくもりとか、とにかく、ポカポカと心があったまるようなことを考える。そんな中で、ひとつの話しを思い出した。 -----------------------------------------------------------------------にほんブログ村 小さな暮らし-----------------------------------------------------------------------小説家、田宮虎彦さんは最愛の奥様、千代夫人に先立たれた。享年43...

  •  -
  •  -

植物の形に見る、命の不思議

No image

昨年、お亡くなりになられた、写真家、埴さんが、暮らしの手帖に特集されていました。写真絵本で椎茸の胞子の舞を紹介してから、全国の子供たちから電話がかかって来るようになったそうです。「あのねえ、みえたよ!」「そうかあ」と、親しい友人に返すように、埴さんも答えられる。見るにはコツがあって、たいてい、大人には見えないそうです。まるで「ユタとふしぎな仲間たち」のお話のようです。″私たちの身近にある草にも、こ...

  •  -
  •  -

『 65歳から74歳を準高齢者 』 と呼ぼうが、身体は正直です

No image

「風邪は万病のもと」ということわざがある。この諺は、大よそ、「風邪をひくといろいろな病気になるから気をつけなければいけない」という意味で膾炙されているのではないだろうか。このことわざは、2つの異なった解釈があるように思う。-----------------------------------------------------------------------にほんブログ村 小さな暮らし-----------------------------------------------------------------------ひとつは...

  •  -
  •  -