愛らしい電車で、小さな旅を

  07, 2017 05:30
夫が定年になったら、私には『 中仙道、全宿場踏破 』したいという夢がある。
あと三年、その日まで心にずっと温めていようと思う。

それまでの代用というか、夢を叶える前の今は、無性に電車に乗りたくなる。
それって、メッセージボードに書いてくださっていた「私は、乗り鉄」かもしれないなあと思う。

-----------------------------------------------------------------------
にほんブログ村 女性シニア (ランキングに参加しています)
-----------------------------------------------------------------------

日曜日は、生憎の雨だったけど、「行きたい行きたい、行きたい!」と駄々っ子のようにごねていた私の希望が叶い、高野山までの電車旅をするはこびになった。


冬山登山、トレッキング用の完全防水の靴を履き、リュックを背負い、最寄り駅までは、車で行くことにする。
念のために、痛み止めもしっかりと持った。

実のところ、これまで生きてきて、私は電車に乗るのは、ほんの数えるほどしかない。
高校生のころは電車通学だったけど、大学になると粗大ゴミで調達してきた、子供用の自転車が通学用の手段だった。
仕事に就いたものの、そこは車通勤で、結局、4年前に仕事を辞めるまで、電車に乗ったのは高校生3年間と、あとは私用を含めた、ほんの数回しかない。


最寄り駅に到着し、いよいよ、高野山までの電車旅が始まった。

桜色の愛らしい電車が私たちを目的地まで運んでくれる。

hqdefault.jpg


雨のため、流れるような車窓も曇り気味。

30分ほど乗車しただろうか、あっけないほどの時間で、午後2時ちょっと前、九度山駅に着いた。
ピンク色の改札口が可愛くて、思わずスマホで撮る。

ku2.jpg

確かに、あっと言う間だったけれど、小さな旅には、これくらいがちょうど良いのかもしれないと、思い直した。

ku3.jpg

ku1.jpg

川沿いの商店街も、NHK大河ドラマの影響は感じられず、鳴りを潜めているようだ。
通りを歩く人もなく、真田家ゆかりの、六文銭をモチーフにした、幟がやけに目立つ。
九度山町は、町興しに、一体いかほどの広告宣伝費を使ったのか、商売柄、気になってしまう。


到着までの、電車内には、たくさんの外国の方々が乗車していたというのに、皆さん高野山に行くのが目的らしく、九度山で降りたのは私たちだけだった。

その昔、私は、九度山町役場の仕事で、柿農家さんご用達の化粧箱のロゴやパッケージをデザインしたことがある。
うれしいことに、まだ、その頃のロゴも贈答品用のパッケージも使って下さっている。

冬寒という季節もあるだろうが、その頃の賑わいよ何処に、と寂しくなってくる。




駅前の坂道を下ると、雨のおかげか、道下の川からは、胸が喜びでいっぱいになるような、木々の匂いが漂ってくる。
冬の怜悧な、けれど甘い風は、町を舞いながら、さも自慢げに、いろんな匂いをまき散らしていた。

折からの風の匂いと、冬空の下、川面は澄んだ水を湛えた爽やかさが、周囲に広がっている。
葉を落とした木々や、周りの山々の姿を、自分が運ぶのだという使命感にもえる風を、私ははじめて知った。

ところが、そんな風情を堪能するのも束の間。
とんだ勘違いをしていたことに、夫が気づいた。

下調べしたというのに、お蕎麦屋さんまでは、1.200歩ではなく、1.200メートルの間違いだったのだ。(-。-;

寒空で温かなお蕎麦をいただくのは、今回の最大の愉しみだったから、残念だけど、今の私の足ではその距離は、痛みがでるだろうから、歩けない。
まさか、夫におぶってもらうわけにもいくまい。

電車旅は、これで帰途につくことにしようかと、二人同時に呟いた。


それに、寒い!
九度山は本当に寒い、思わず、与謝蕪村のこんな句を思い出した。

「炬燵して語れ真田が冬の陣」

今回は、夫のおかげで、私は旅人気分を味わうことができた。
私たちは炬燵で暖はとれないが、素晴らしい電車旅を経験できた。
それは、蕪村の想いに勝るとも劣らない、これからの二人の老後の楽しみ、語り草になってくれることだろう。

「次はどこに行こうか?」などと、帰りの電車内での会話が、嬉しい旅の締めくくりになった。





-----------------------------------------------------------------------
いつもご訪問いただき、ありがとうございます!
ブログランキングに参加しています。

文字を↓↓↓クリックしていただくと、うれしいです。よろしくお願い致します。

にほんブログ村 定年後の暮らし
-----------------------------------------------------------------------




スポンサーサイト

4 Comments

-  

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2017/02/07 (Tue) 10:28 | REPLY |   

矢田@医療職兼業トレーダー  

子供が鉄ちゃんなんでちょっと食いつき気味に見てました^^
応援しておきました。ポチッ

2017/02/07 (Tue) 21:32 | REPLY |   

窓  

鍵コメありがとうございます

はい、しっかりとして頑張っていきますね。
ご忠告を感謝いたします。

2017/02/07 (Tue) 22:23 | EDIT | REPLY |   

窓  

矢田@医療職兼業トレーダー様

初めまして。
コメントを、ありがとうございます。

お子様が、鉄さんなんですね。^^
私は、自分では意識していませんでしたが、どうやら、鉄子さんかもです。^ - ^

応援いただきまして、ありがとうございます!

2017/02/07 (Tue) 22:27 | EDIT | REPLY |   

Post a comment