ゆりかごの歌

小さなお話に画を添えて、心がほっこりするようなブログを書いてみたい。
MENU

「私って、素直じゃないよね」と、思うとき

月に二回、市の文化会館で、在日アメリカ人講師のB・ロバート先生に英会話を習っている。
中年に差し掛かったばかりのロバート先生は、とても快活な性格で、教室はいつも笑いの渦に満ち溢れている。

講座生はシニア世代の男女八名で、同世代という安心感があって、人見知りの私もスムーズに打ち解けられる。



先週の講座は、ロバート先生のお子様を招いての、交流会のようなイベントが、サプライズで用意されていた。
驚いたことに、それ以外にも、多くの外国の方々が次々と入室してこられた。

大きな教室の前に立つ、遠目でも分かる、彼・彼女らの顔のサイズは、太っているにしても、おしなべて八頭身に近い。
特に思うのは、額から顎にかけての骨格の高さに目を見張る。
つい、自分の骨格とを比べてしまう。

アジアン独特の肌の黄色も額の骨格も、田んぼや木々の中だとそれなりに良いものだけど、白色系の彼らがそばに来るとどことなく色あせて見える。


私は、高校生の三年間を、ある事情で在日アメリカ人の家庭で暮らしていたことがある。
大阪の地方に生まれ育った私は、それまで、外国人というのは、町にある紡績工場に来ている技術者の人々しか知らなかった。

そんな私が、金髪碧眼の人々と同じ屋根の下で暮らすことになったのだ。
もちろん、英語をすぐそばで聞くのも初めて、何もかもが初めて尽くしの日々は、文化の違いを感じる毎日でもあった。



英会話を習おうと思ったのは、せっかく、アメリカ人の家庭に住み、彼らの話す英語を聞き取り、少しではあっても会話もできていた自分に、もう一度だけ戻ってみたい。

そんな理由からだった。



かつて幕末の世に、公費で欧米留学した日本人の先達は、自身とアングロサクソンを見比べ、意気消沈したという話を、何かの本で読んだことがある。
有色である私も、色素の薄い彼らを観、比べることで、居た堪れなくなってしまう。σ(^_^;)


私以外の講座生は、サプライズに大喜びし、自分たちからネイティヴゲストに話し掛けていた。

私はといえば、英会話を始めるその思いは変わっていないけれど、自分の中にも、先達の劣等感のようなものがあることに、否応なしに気づかされ、ギクシャクしてしまった。

そして思う。
ロバート先生はアメリカ人と日本人の骨格の違いを観察してもらうために、サプライズを仕掛けたのではない。
皆んなの英語力をこの機会に試してほしかったのだ。

私って、ほんと素直じゃないよね。







-----------------------------------------------------------------------
いつもご訪問いただき、ありがとうございます!
ブログランキングに参加しています。

画像をを↓↓↓クリックしていただくと、うれしいです。よろしくお願い致します。

にほんブログ村 シニア日記ブログ 女性シニアへ
にほんブログ村
-----------------------------------------------------------------------





スポンサーサイト

該当の記事は見つかりませんでした。

8 Comments

says..."管理人のみ閲覧できます"
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2017.03.21 10:24 | | # [edit]
sado jo says...""
小さい者は大きい者にコンプレックスを抱きがちです。
でも、地球上に様々な大きさの生物がいるのは、生きる為に機能性を重視して進化して来たからです。
ライオンには猫の俊敏な運動能力はないし、体格はよく見えても、白人は黄色人に比べて燃費が悪い(笑)
机を一杯に占領するデスクトップパソコンと、掌に乗るスマホが同じ働きをするのなら、誰でもスマホを選びます^^
2017.03.21 15:30 | URL | #V8uOUIPU [edit]
窓 says...">sad joさん、コメントをありがとうございます(^^)"
こんにちは!

生憎の雨で開けた週になりましたね〜
今週もよろしくお願いいたします。

今日のコメントは、いつにもまして、
うまい!まさに、座布団5枚!!!

と、笑点のように言いたいです。

ほんと、スッキリしました。
次からは、自分を山椒は小粒より、スマートで機能の優れたスマートフォンと思うようにいたします!^_^

2017.03.21 15:38 | URL | #C6mduWPs [edit]
窓 says...">鍵コメさん、コメントをありがとうございます!"
少しは落ちつかれたご様子で、よかったです。

今はまだ、只中にいらっしやることを、
寧ろ、その潮流に、揺蕩うように流されたままでいらしてくださいね!

きっと、岸は見えてくると思います。

2017.03.21 15:41 | URL | #C6mduWPs [edit]
cornusflorida❀花瑞樹。 says...""
私も西洋人の鼻の高さ、目の色、骨格
思わず見とれてしまいそうになります~(≧∇≦)

でも最近は東洋人のきめ細やかさや
端正な顔立ちも
好きになりましたよ♪

中学校からずっと英語が苦手で生きてきました。英語の授業で音読するのが恥ずかしくて今でもたまに夢を見ます(笑)
窓さん、凄い!
私も苦手意識を克服するために
英会話を習ってみようかな。
2017.03.21 15:43 | URL | #pvdx2ZaU [edit]
窓 says...">花瑞樹さん、コメントをありがとうございます^_^"
こんにちは!

でしょう〜、骨格がまず、違いますよね。
ハリウッドの俳優ではない、極極、普通の一般のアメリカンなんですよ。

絵を描くときにね、彼らの前頭葉から額のラインを選ぶと間違いなく、いいものに仕上がるのです。(-。-;


アジアンにはそれなりの良さがある、分かってはいるのですけどね。^ ^

まぁ、花瑞樹さん、すごいだなんて言ってくださって、とても嬉しいです。
久しぶりに聞いた、すごい、でした。


ロバート先生が言われるには、日本の英語教育は、ヒヤリングやトークをしないからだそうです。
けれど、フィリピンの人が話す英語よりは発音は良いそうですよ?

何かにチャレンジすると、気力が湧いてきまーす。(^^)
2017.03.21 15:54 | URL | #C6mduWPs [edit]
まっきー says..."英語に感じる流れるような音が好きです"
こんばんは^^
さすが~ 窓さん
折角の今までの経験を生かすことを思いついたのは素晴らしいと思いました。
贔屓目に見てもスクリーンなどを通すと 嫌でも黄色人種だと思い知らされますが 仕方ないじゃない!
そう生まれつたんだもの・・・って思う事にしてます。 笑

ところで・・・
残念です!あのたわわに実ったお蜜柑の木が無くなるのですか・・・
お蜜柑が庭に・・・しかも美味しいミカンが・・・と思うと他人事でも あ~~勿体無い・・・と思ってしまいます。
実大好き人間の私には 辛い・・・笑 
2017.03.21 23:26 | URL | #hQSvSsdg [edit]
窓 says...">まっきーさん、コメントありがとうございます^_^"
こんにちは〜

パン教室ではちょっと嫌な目にあいましたけど。

英会話教室はずっと続いています。

だから何をしても中途半端ではなかったかなと、
自信を取り戻しています。

東京を離れ暫くは、ある程度ですが会話は出来ていたのです。

ところが、昨年一昨年と、東京旅行のときゆ、鎌倉で、話しかけられて通じなかったのです。

ショックでした。
脳って使わないとどんどん退化するのだなと思いました。(・_・;


> 贔屓目に見てもスクリーンなどを通すと 嫌でも黄色人種だと思い知らされますが 仕方ないじゃない!

ですよね、この差は何!って思ってしまいますよね。


> ところで・・・
> 残念です!あのたわわに実ったお蜜柑の木が無くなるのですか・・・
> お蜜柑が庭に・・・しかも美味しいミカンが・・・と思うと他人事でも あ~~勿体無い・・・と思ってしまいます。
> 実大好き人間の私には 辛い・・・笑 

実がなる!そうでしたね!お好きでしたよね〜

まっきーさん宅にお送りできたらよかったな。
留守宅を見ていただいているお宅に、殆どもらっていただくのですよ。

まぁ、あっこに2軒もの家を見ていくのは無理ですし。
夫が決断したので、私は口出ししない方がいいかなって。


2017.03.22 17:32 | URL | #- [edit]

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する